「バルハン」砂丘 三日月型砂丘

210syqtkbtndha
弓形の形状を持つことから
日本語では「三日月型砂丘」
とも呼ばれる砂丘の種類は
「◯◯◯◯砂丘」?
ウーハン
ムノース
セルカテ
バルハン(答)
Barchan
30%

バルハン(バルハン砂丘)は円弧状の砂の稜線をもち均質な砂で構成される砂丘である。日本では三日月型砂丘とも呼ばれる。このタイプの砂丘は風下側に面した「角」を2つもち、スリップ・フェイス(風下側の斜面)の角度は安息角、もしくはおよそ32度である。風上側の斜面は風によって密集しており、15度に達する。
引用元:バルハン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%8F%E3%83%B3

xeprtxghryz
引用元:Barchan – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Barchan

砂丘の規模と移動速度は供給される砂の量、風向と風速によって異なるが、これらの要因は地域によっても異なる。
(1)バルハン砂丘 風上側の円形の部分から両端の角の先までの縦の長さは15~110メートル、両側の角と角の間の幅は20~250メートル程度のものが多いが、400メートルを越すものもある。高さは横幅の10分の1程度である。移動速度は1年に5~30メートル程度であるが、モーリタニアでは63メートルが記録されている。
(2)横列砂丘 砂丘の高さ3~35メートル、幅は300メートル~2キロメートル、砂丘と砂丘の間隔は500メートル~3キロメートルであるが、高さが250メートル、砂丘の間隔が5キロメートルを越える例も報告されている。移動速度はバルハン砂丘と比較すると、砂の量が多くなるだけ遅く、1年に0.3~5メートル程度である。
(3)線状砂丘 地域によりその規模に大きな違いがみられる。一般的には高さ5~30メートル、幅5~20メートル、長さ数百メートル~数十キロメートルであるが、オーストラリア砂漠には高さ20~30メートル、幅300~500メートル、長さ100キロメートルを越す線状砂丘が多数分布している。線状砂丘の移動についてはデータが少ないが、1年に2~15メートルの記録がある。なおオーストラリア砂漠の砂丘は固定砂丘である。
(4)塊状砂丘は最大規模の砂丘であり、高さが300~400メートルに達するものが各地の砂漠で報告されている。
(5)砂床 面積は数平方キロメートルの砂床から、エジプト、スーダン、リビアにかけて分布している10万平方キロメートルに達するセリマ砂床まで多様である。砂の厚さはせいぜい数メートルまで、セリマ砂床では1メートル以下である。砂床はほとんど移動しない。砂の供給量が多くなると砂丘と砂床の複合体が形成されるが、この複合体は面積によって二つに区分されている。面積が3万平方キロメートル未満のものは砂丘原dune field、3万平方キロメートル以上のものは砂海sand seaとよばれている。[赤木祥彦]
引用元:砂丘(さきゅう)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E7%A0%82%E4%B8%98-68650

ikrpmvnldqy
引用元:112668.jpg (640×480) https://kotobank.jp/image/dictionary/daijisen/media/112668.jpg