伊勢丹「小菅丹治」が創業

042eqfgdikoojo
明治時代に小菅丹治が
現在の秋葉原駅前で創業した
呉服店を前身とする百貨店は?
伊勢丹(答)
高島屋
松屋
大丸
59%

048xhbMZQR
次のうち、過去に
伊勢丹が広告に使用した
キャッチコピーを
全て選びなさい
じぶん、再発見 西武 糸井重里
恋を何年、休んでますか。(答)眞木準 1989
不思議、大好き。 西武 糸井重里
27%

ハッピーエンド始まる。(答)眞木準 1990
四十歳は二度目のハタチ。(答)眞木準 1992
着やすい、つまり脱がせやすい。(答)眞木準 1978
恋が着せ、愛が脱がせる。(答)眞木準 1989
好きだから、あげる。 丸井 仲畑貴志
差し上げたのは時間です。 サントリー 岩崎俊一
引用元:伊勢丹のキャッチコピー「恋を何年休んでますか」「ハッピーエンド始まる」「四十歳は二度目のハタチ」「着やすい、つまり脱がせやすい」「恋が着せ、愛が脱がせる」 http://seethefun.net/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB/27245/

伊勢丹(いせたん、英称 :Isetan )は、三越伊勢丹ホールディングス傘下の株式会社三越伊勢丹が運営する百貨店屋号の1つである。また、株式会社伊勢丹は、2011年(平成23年)3月31日までこれを運営していた会社である。
>1886年(明治19年)11月5日 – 初代・小菅丹治が中山道沿いの東京府神田区旅籠町二丁目4番地(現:東京都千代田区外神田一丁目5番)に、伊勢屋丹治呉服店を創業。
引用元:伊勢丹 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E4%B8%B9

株式会社 髙島屋(たかしまや、英: Takashimaya Company, Limited)は、大阪府大阪市中央区難波に本社を置く百貨店である。なお、大阪店は同社の登記上の本店である。日本百貨店協会に加盟しており、ハイランドグループを主宰している。ロゴなどで、「高」の字にいわゆる「はしご高(髙)」の字体を用いている。

>1831年(天保2年)1月10日 – 初代の飯田新七が、京都烏丸松原で、古着・木綿商「たかしまや」を創業。
屋号は、飯田新七の養父・儀兵衛が、近江国高島郡(現在の滋賀県高島市)の出身であることによる。
引用元:高島屋 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E5%B3%B6%E5%B1%8B

株式会社 松屋(まつや、英: MATSUYA CO.,LTD.)は、東京都中央区銀座三丁目に本店、台東区花川戸一丁目に浅草店を置く百貨店。
銀座の本店は、銀座地区の百貨店において人気・売上ともに銀座三越と首位の座を争う間柄である。

>1869年12月5日(明治2年11月3日)- 初代古屋徳兵衛により横浜石川町にて「鶴屋呉服店」を創業したのが始まり。
1899年(明治32年) – 東京神田今川橋の松屋呉服店(1776年(安永5年)創業)を買収し、東京へ進出。当時は「松屋呉服店」「鶴屋呉服店」の屋号を並行して使用していた。1978年(昭和53年)まで使用されていた紋章は「松」と「鶴」を形取っていた。
引用元:松屋 (百貨店) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E5%B1%8B_(%E7%99%BE%E8%B2%A8%E5%BA%97)

大丸(だいまる、英称:DAIMARU)は、J.フロントリテイリンググループの百貨店の屋号である。また、株式会社大丸は、2010年2月28日までこれを運営していた企業である。
近畿発祥の老舗百貨店で、大阪(心斎橋・梅田)・京都・神戸・東京・札幌に主力店舗を構えており、この6店舗だけで単体の91%の売り上げを占めている。上記の主力店は現在株式会社大丸松坂屋百貨店による運営である。

>1717年(享保2年)下村彦右衛門正啓、京都伏見の生家に古着商「大文字屋」開業。(大丸創業)
1726年(享保11年)大坂木挽町北之丁に大坂店(おおさかだな)「松屋」を開店、現金正札販売をはじめる(現・心斎橋店所在地)。
1728年(享保13年)名古屋本町四丁目に名古屋店(なごやだな)を開店、初めて「大丸屋」を称する。(1910年 明治43年閉店)
引用元:大丸 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E4%B8%B8