ハッカ「客家」中国の漢民族の一派

432ysedmvhverj
「中国のユダヤ人」とも呼ばれる
漢民族のグループです
客家
ハッカ(答)
38%

客家(ハッカ)とは、客家語を共有する漢民族の一支流で、中国の少数民族の扱いは受けていない。

>概要[編集]
原則漢民族であり、そのルーツを辿ると古代中国(周から春秋戦国時代)の中原や中国東北部の王族の末裔であることが多い。歴史上、戦乱から逃れるため中原から南へと移動、定住を繰り返していった。移住先では原住民から見て“よそ者”であるため、客家と呼ばれ、原住民との軋轢も多かった。この争いを土客械闘という。

>特徴[編集]
客家の人々は、周辺に住む他の集団とは異なり、山間部に好んで居住することが多く、独特の言語・文化を持っている。言語は古代の漢族語を今に伝えているといわれる。そのために歴史的に他の集団と軋轢を起こすことも多い。しかし、少数派であるがゆえに劣勢であるため、中央政権や王朝と良好な関係を保とうとする傾向がある。このような背景から、客家には漢人としての意識が比較的強いとも言われる。
引用元:客家 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%A2%E5%AE%B6

つまり客家とは中国最初の華僑なのです。
我々が漢民族と呼び中国人として認識しているのは周以降の中国人ですが、客家とはそれ以前の中国人だと言えるでしょう。
中国人が華僑として商業に活発に活動するようになったのは明以降の事ですから、それ以前に商業に従事し中国どころかアジア各地に活発に活動していたのは、その殆どが客家だったのです。

客家は軍人や政治家など、知識人から見れば卑しいとされる仕事にも従事する価値観を持っているため、洪秀全や孫文、鄧小平、李光耀、李登輝などのように政治家として大成した人物も数多く存在します。
深い歴史と独自性、そしてその才能は東洋のユダヤ人だというたとえ話を、いかにもと頷かせるものがあります。
引用元:客家と華僑のちがいは? – どちらも中国で財をなした商人という意味の… – Yahoo!知恵袋 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1455746624

ハッカ(客家)
ハッカ
Hakka; Ke-jia

中国の広東省を中心に広西,福建,江西の諸省に住み,移住民として在来の住民 (本地人) から区別されてきた住民をいう。ハッカは広東方言で,クーチヤすなわち客人の意。かなり古く,華北から南方へ移住した漢民族の一派ともいわれ,広東語系のハッカ (客家) 方言を話す。
引用元:ハッカ(客家)(ハッカ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%8F%E3%83%83%E3%82%AB(%E5%AE%A2%E5%AE%B6)-114899