「カムイエクウチカウシ山」

267ipbuplxftdm
次の文字列を順に選んで
1970年に「福岡大ワンゲル部
ヒグマ襲撃事件」が起こった
北海道の山の名前にしなさい
カムイ
エクウ
チカ
ウシ
「カムイエクウチカウシ山」
36%

008cnqdCkCvJA
次の文字列を順に選んで
ヨーロッパの国・アイスランド
の最高峰の名前にしなさい
クバンナ
ダールス
フニュー
クル
「クバンナダールスフニュークル」
引用元:クバンナダールスフニュークル山 アイスランドの最高峰2106m スカフタフェットル国立公園 http://seethefun.net/%E7%A4%BE%E4%BC%9A/380/

CIMG1488OXtVjsSTzKJA
次の文字列を順に選んで
2010年4月に噴火し
欧州の航空網を麻痺させた
火山の名前にしなさい
エイヤ
フィヤ
トラ
ヨークトル
「エイヤフィヤトラヨークトル」
引用元:アイスランドの氷河 「バトナ氷河」「オーク氷河」「ミルダス氷河(ミールダルスヨークトル氷河)」「ソルヘイマ氷河」「ラング氷河」 2010年の噴火「エイヤフィヤトラヨークトル」アイスランド語「氷河」ヨークトル http://seethefun.net/%E7%A4%BE%E4%BC%9A/8923/

カムイエクウチカウシ山(カムイエクウチカウシやま)は、北海道日高山脈に属する山である。日本二百名山の一つに数えられる。名称はアイヌ語の「熊(神)の転げ落ちる山」に由来する。登山家の間ではしばしばカムエクと略して呼ばれる[2]。

そもそも山名となる「カムイエクウチカウシ」(ヒグマの転げ落ちる所)は、ヒグマを神と崇めるアイヌ人によって命名されたものではない。黎明期には「札内岳」と呼称されていた。1929年に北海道大学の伊藤秀五郎らが戸蔦別川上流の「カムイエクウチカウ」という場所で小屋を建設して幌尻岳に登頂する際に、案内人の勘違いでこの地名を誤って山名として伝えたために定着したのが真相[5]であるという。いまさら山名を「札内岳」に戻すことなどできないが、ヒグマすら転げ落ちそうな急峻な斜面を持つことだけは確かである。
引用元:カムイエクウチカウシ山 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%A0%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%A6%E3%83%81%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%82%B7%E5%B1%B1

福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件(ふくおかだいがくワンダーフォーゲルぶヒグマじけん)とは、1970年(昭和45年)7月に北海道日高郡静内町(現・新ひだか町静内高見)の日高山脈のカムイエクウチカウシ山で発生した獣害事件。若い雌のヒグマが登山中の福岡大学のワンダーフォーゲル部を襲い、死者3名を出した。
福岡大学ワンダーフォーゲル同好会ヒグマ襲撃事件(ふくおかだいがくワンダーフォーゲルどうこうかいヒグマしゅうげきじけん)、福岡大学ワンゲル部員日高山系遭難事件(ふくおかだいがくワンゲルぶいんひだかさんけいそうなんじけん)と呼ばれる場合もある。
引用元:福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E5%B2%A1%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%AB%E9%83%A8%E3%83%92%E3%82%B0%E3%83%9E%E4%BA%8B%E4%BB%B6

1970年7月、日高山系カムイエクウチカウシ山(標高1979メートル)で起きた福岡大学ワンダーフォーゲル部のヒグマ事故は、若い学生3人が死亡する結果となり、登山者や一般市民に大きな衝撃を与えた。
 ヒグマの事故の中で、実は登山者の死亡例はごく少なく、全体の1割にも満たない。最も多いのは狩猟中で、釣りや山菜採り、森林作業中などがこれに次ぐ。
 ヤブの中を夢中で採取する山菜採りや、音が伝わりにくい渓流釣りなどに比べ、登山者は「いきなり遭遇」型の事故は少ない。だが、今回のように執拗につけ回す、異常なタイプは人間に大きな恐怖を与える。どうしてこの加害ヒグマは、「異常なクマ」になったのか。
 若い岳人の死は痛ましい。いくら反省の言葉を並べても彼らは帰ってこない。死者やその周囲の過失をあげつらうのではなく、死を招いた経過の中から、生きている我々が学ぶべき事柄はたくさんある。見方を変えると、登山中だけではなく、身近な山野でも起きうる事故の芽がありそうだ。
 福岡大ワンゲル部の事故報告書をもとに、経過を振り返ってみる。
引用元:ヒグマ事件を読み解く/日高山系・福岡大ワンゲル事故の検証 http://higuma1979.sakura.ne.jp/33jikenn1.html