「プレジネフ」「アンドロポフ」「チェルネンコ」「ゴルバチョフ」

265duzqftpvshs
次の政治家を
旧ソ連の共産党書記長を
務めた順に選びなさい
ブレジネフ
アンドロポフ
チェルネンコ
ゴルバチョフ
39%

ゴロ
「プア稚児」とか「ブレるアンチゴー」

cimg0648wqsgjtncmaov
核兵器保持に反対の立場
スターリンの元秘書
1953年ソ連の最高指導者に
フルシチョフ追放を画策し失脚
アンドロポフ
マレンコフ(答)
ブレジネフ
チェルネンコ


1964年ソ連の最高指導者に
ファーストネームはレオニード
デタント
アフガン紛争に介入
ブレジネフ(答)

連想
1953年ソ連の最高指導者に
ファーストネームはニキータ
冷戦の「雪どけ」に尽力
スターリン批判
フルシチョフ(答)

107DNgtqNxGSq
次の文字列を順に選んで
1988年の「新語・流行語大賞」を
「ペレストロイカ」で受賞した
当時のソ連大使の名前にしなさい
ソロビ
エフニ
コラエ
ビッチ
「ソロビエフ・ニコラエビッチ」
引用元:ソロビエフ・ニコラエビッチ 1988「ペレストロイカ」で「新語流行語大賞」を受賞 「自由国民社」長谷川國雄 http://seethefun.net/%E7%A4%BE%E4%BC%9A/3181/

cimg2358srnyxjxlvarz
ソ連のブレジネフ時代に最高会議
幹部会議長を務めた政治家
ポドゴルヌイ(答)

img_1054yndiadoohqob
日ソ共同宣言に署名しました
ブルガーニン(答)

ソビエト連邦の指導者の一覧(ソビエトれんぽうのしどうしゃのいちらん)では、ソビエト連邦の最高指導者であった歴代のソビエト連邦共産党の書記長、第一書記を一覧表にしている。
ウラジーミル・レーニンが議長を務めていたソビエト連邦人民委員会議は国家の行政機関すなわち現在の政府にあたり、当時の共産党すなわちロシア社会民主労働党(ボリシェヴィキ)の機関ではない。レーニンは、党の役職としては、中央委員、政治局員であっただけである。しかし、レーニン生存中、党の最高指導者(党首)がレーニンであるというのが党員の共通認識であったことは間違いない。また党中央委員会書記長というポストに最初に就任したのはヨシフ・スターリンであるが、その時点では党中央委員会書記長というポストが党の最高指導者の地位であるという認識は党内ではまだ確立していなかった。しかし、のちにこのポストは名実ともに党の最高ポストとなった。
なお、国家元首としてはミハイル・ゴルバチョフが大統領制を導入するまで最高会議幹部会議長がおり、レオニード・ブレジネフのようにこのポストと党共産党書記長を兼ねたものもいたが、ソビエトの事実上の絶対的な支配者として君臨したのは党書記長(ニキータ・フルシチョフは第一書記に変更している)であった。
引用元:ソビエト連邦の指導者の一覧 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%93%E3%82%A8%E3%83%88%E9%80%A3%E9%82%A6%E3%81%AE%E6%8C%87%E5%B0%8E%E8%80%85%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7

ブレジネフ【Leonid Il’ich Brezhnev】

1906‐82
ソ連邦の政治家。ウクライナのカメンスコエ(現,ドニエプロジェルジンスク)で金属労働者の家に生まれた。1931年共産党に入党。35年ドニエプロジェルジンスク冶金大学を卒業。第2次世界大戦中は南部戦線で軍の政治委員を務めた。50‐52年モルダビア共和国党第一書記。52年党中央委員会幹部会員候補,党中央委員会書記となったが,翌年スターリン死後の機構改革で解任され,軍総政治部副部長に一時格下げされた。54‐56年カザフ共和国党中央委員会第二書記,次いで第一書記となり,カザフスタンの大規模な開拓事業を指導した。
引用元:ブレジネフ(ブレジネフ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%96%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%83%95-127590

アンドロポフ(Yurii Vladimirovich Andropov)

[1914~1984]ソ連の政治家。1967年、KGB(国家保安委員会)議長に就任。1982年には、ブレジネフの死去をうけて共産党書記長に就任、さらに1983年には最高会議幹部会議長に就任し、ソ連の最高指導者となった。
引用元:アンドロポフ(アンドロポフ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%9D%E3%83%95-29529

チェルネンコ
ちぇるねんこ
Константин Устинович Черненко Konstantin Ustinovich Chernenko
(1911―1985)

ソ連の政治家。9月24日にシベリアのクラスノヤルスクの農家に生まれる。1929年から青年共産同盟の活動に参加し、1931年に入党。郷里の党委員会書記を経て、1948年からソ連内のモルダビア社会主義共和国(現モルドバ共和国)の党中央委員会に勤務。働きながら1953年にキシニョフ教育大学を卒業。1950年に党第一書記として赴任したブレジネフの知己を得る。1964年10月にブレジネフがソ連党中央委第一書記に選出されたあと、1965年7月に党中央委総務部長、1976年3月に同書記、1978年11月に同政治局員に抜擢(ばってき)され、ブレジネフ死後はアンドロポフの後を受けて1984年2月に同書記長、同年4月にソ連最高会議幹部会議長となる。1985年3月10日死去。ブレジネフからゴルバチョフへの過渡期の最高指導者であった。[中西 治]
引用元:チェルネンコ(チェルネンコ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%83%B3%E3%82%B3-95756

1985年3月10日のチェルネンコ書記長の死去の翌11日に後任書記長に選出され、党の最高指導者となり、「グラスノスチ(情報公開)」、「ペレストロイカ(建て直し)」のスローガンのもと、自由化と民主化を積極的に推し進めた。さらに、「新思考外交」を掲げて協調的・融和的外交を展開した。1988年10月、最高幹部会議長を兼任。1989年5月、新設の最高会議議長に選出。1990年3月、憲法改正に伴い初代のソ連大統領に就任した。同年、ノーベル平和賞を受賞。1991年8月の保守派クーデター未遂後、党書記長を辞任。同年12月、独立国家共同体(CIS)の創設とソ連消滅を受けて大統領を辞任した。1996年6月、ロシア大統領選に出馬したが、約38万票、0.5%の支持しか得られず、落選した。[中西 治]
引用元:ゴルバチョフ(ゴルバチョフ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%B4%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%81%E3%83%A7%E3%83%95-66812