トヨタ・「ロングパス」・エクスプレス トヨタ自動車の貨物列車

203qspbjaigpyf
JR貨物が運行している
トヨタ自動車の部品を運ぶ
専用貨物列車は「トヨタ・
◯◯◯◯◯・エクスプレス」?
ルグカロー
ブゴスパン
ロングパス(答)
「トヨタ・ロングパス・エクスプレス」
3%

TOYOTA LONGPASS EXPRESS(トヨタ・ロングパス・エクスプレス)は、日本貨物鉄道(JR貨物)および名古屋臨海鉄道が2006年11月15日より運転する、トヨタ自動車の製品を運ぶために専用に組成されたコンテナ貨物列車の愛称である。通称「ロンパス」

>同列車は、愛知県を初めとした中京圏に所在するトヨタ系諸工場で生産された部品を、トヨタ自動車東日本(旧・関東自動車工業)岩手工場がある岩手県胆沢郡金ケ崎町に運ぶため、名古屋南貨物駅と盛岡貨物ターミナル駅の間を1日2往復運行しており、同工場への部品輸送量の約8割を担っている。
自動車部品の工場間輸送は従来内航海運に多くを委ねてきたが、各種情勢の変化から輸送力が飽和しつつあり、増産分を鉄道輸送に移管する方針が採られたために設定された列車である。モーダルシフトの一環としての意義も有するが、厳密には本来のモーダルシフト(トラック輸送から鉄道・船舶輸送への移行)とは趣旨が異なるものである。
引用元:TOYOTA LONGPASS EXPRESS – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/TOYOTA_LONGPASS_EXPRESS

鉄道と自動車、あるいは鉄道と航空のように、種類の異なる乗り物はライバル関係にあることが多い。その一方で連携することもある。JR貨物が運転している「TOYOTA LONGPASS EXPRESS(トヨタ・ロングパス・エクスプレス)」も、鉄道と自動車の連携といえるかもしれない。

「トヨタ・ロングパス・エクスプレス」は、名古屋~盛岡間の約900kmを結んでいる。その名の通りトヨタ自動車を荷主とする貨物列車で、中京圏の工場で生産された自動車部品を、トヨタ自動車東日本の岩手工場(岩手県金ケ崎町)まで運んでいる。従来はトラックで輸送していたが、環境負荷軽減策の一環として鉄道貨物輸送への切り替えを図ることになり、2006年11月から運転を開始した。

先頭の機関車とコンテナ車20両で編成を組み、コンテナ車1両につき31フィートコンテナ2個、1本の列車で最大40個の31フィートコンテナを運ぶ。コンテナも「トヨタ・ロングパス・エクスプレス」専用のものが使われており、青色のコンテナの側面には「TOYOTA」のロゴマークが大きく入れられている。
引用元:線路の上を走る「TOYOTA」…JR貨物の「トヨタ・ロングパス・エクスプレス」 | レスポンス(Response.jp) http://response.jp/article/2013/07/09/201787.html