「クールノー」フランスの経済学者 寡占市場の生産量調整モデル

104vsxxtqxtozn
数理経済学の始祖ともされる
フランスの経済学者です
クールノー(答)
48%
Antoine Augustin Cournot

クールノー
くーるのー
Antoine Augustin Cournot
(1801―1877)

フランスの経済学者、数学者、哲学者。ソルボンヌ大学(パリ大学)などで数学を学び、リヨン大学の数学教授となる。その後、視学官やディジョン・アカデミー総長なども務める。経済学に本格的な数学の利用を試みた始祖で、『富の理論の数学的原理に関する研究』(1838)は、この領域での古典としての地位を占める。とくに需要の法則、独占価格の決定法則(「クールノーの点」とよばれる)、独占から競争への移行分析、租税・関税の分析などで新境地を開き、また限界原理による経済学研究の先駆となった。ただしその創見も、出版当時は関心をよばず、死の直前にワルラスやジェボンズによって紹介されて初めて真価が認められた。今日、数理経済学史上のその地位は不動である。数学に関する著作では、確率論の分野を開拓し、頻度説の見方を導いた。また哲学者としては、偶然性の解釈に新境地を開き、蓋然(がいぜん)性論によって知識の分類を試みて哲学と科学との関連の解明を企て科学的認識の性格を究明した。[宮澤健一]
引用元:クールノー(クールノー)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%BC-482655

クールノー競争(くーるのーきょうそう、英: Cournot competition)は経済学のモデルであり、特に産業組織論において、企業間の行動原理を表すために用いられる。 具体的には、同一の生産物を生産する複占または寡占の企業が自社の生産量を通じて市場価格を操作し利潤最大化を行う際に、常に「次の期間における生産量については自社以外は変化しない」と仮定するモデルである。
例えば、複占の場合では、A社はB社が来月も今月と同じだけ生産するだろうと仮定して独占と同じように自社の生産量を減らして価格を釣りあげることで利潤最大化しようとするが、実際にはB社も同じことを考えて生産量を減らすため、A社の想定以上に価格が上がり、次の月にはA社は生産量を増やすことになる。しかし、B社も生産量を増やすのでA社の想定以上に価格が下がり、その次の月もA社は再び生産量を減らすことになる。これを均衡点に達するまで繰り返す。寡占の場合も同じことが起き、参加する企業数が増えるに従って均衡点は完全競争市場における均衡点に近づく。
単純なモデルであるが、実際にクールノー競争が見られるとする研究[1]もある。
引用元:クールノー競争 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%BC%E7%AB%B6%E4%BA%89

アントワーヌ・クールノー(Antoine Cournot)が提唱した、寡占市場における企業の戦略モデル。ライバル関係にある寡占企業が生産量を変えない(常に一定である)と前提して自社の生産量を決定するという考え方。

商品価格が市場に供給される商品数(すなわち生産量)に左右され、かつ市場がいくつかの企業によって寡占されている状況においては、生産量の調整(による価格の調整)が自社の利益を最大化する要因となる。クールノー競争モデルでは、ライバル企業の生産量は変わらない前提で自社の生産量が決定される。しかしながら現実には、ライバル企業も(こちらの生産量が変わらない前提で)生産量を調整してくるので、市場には不均衡が生じる。そこから双方の調整が繰り返された後に生産量と価格とが均衡に近づいていく。

寡占市場における競争戦略のモデルとしては、クールノー競争と共にベルトラン競争も知られる。クールノー競争は生産量を変動させて利益最大化を図るモデルであるが、ベルトラン競争は価格設定を変えて利益最大化を図る場合のモデルとなっている。
引用元:クールノー競争とは – 新語時事用語辞典 Weblio辞書 http://www.weblio.jp/content/%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%BC%E7%AB%B6%E4%BA%89

ベルトラン競争(ベルトランきょうそう、英: Bertrand competition)とは経済学のモデルであり、特に産業組織論において、企業間の行動原理を表すために用いられる。 具体的には、同一の生産物を生産する複占または寡占の企業が利潤最大化を行う際に、「次の期間における価格を自社以外は変化させない」と仮定するモデルである。
ベルトラン競争のモデルを用いた場合、寡占市場における均衡では、価格は限界費用に一致する[1]。
現実的には、ベルトラン競争は不況期の過剰生産能力がある場合に成立しやすいとされる[1]。生産能力の制約を加えたモデルで考えれば、クールノー競争の均衡が成り立つ。
引用元:ベルトラン競争 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E7%AB%B6%E4%BA%89