「長谷寺」ぼたんで有名な真言宗豊山派の総本山

100uxnxwscwbnt
奈良県桜井市にある真言宗
豊山派の総本山で、境内に
ある牡丹の景観で有名なのは
◯◯寺?
長福
元興
薬師
長谷(答)
「長谷寺」
36%

長谷寺(はせでら)は、奈良県桜井市初瀬にある真言宗豊山派総本山の寺。山号を豊山神楽院と称する。本尊は十一面観音、開基(創立者)は僧の道明とされる。西国三十三所観音霊場の第八番札所であり、日本でも有数の観音霊場として知られる。寺紋は輪違い紋。
大和と伊勢を結ぶ初瀬街道を見下ろす初瀬山の中腹に本堂が建つ。初瀬山は牡丹の名所であり、4月下旬〜5月上旬は150種類以上、7,000株と言われる牡丹が満開になり、当寺は古くから「花の御寺」と称されている。また『枕草子』『源氏物語』『更級日記』など多くの古典文学にも登場する。中でも『源氏物語』にある玉鬘の巻のエピソード中に登場する二本(ふたもと)の杉は現在も境内に残っている。
大和七福八宝めぐり(三輪明神、長谷寺、信貴山朝護孫子寺、當麻寺中之坊、安倍文殊院、おふさ観音、談山神社、久米寺)の一つに数えられる。
引用元:長谷寺 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E8%B0%B7%E5%AF%BA

長谷寺ぼたんまつり (長谷寺)
はせでらぼたんまつり
唐の皇妃、馬頭夫人が観音さまの霊験を得たお礼に牡丹を献木したのがはじまりといわれ、今では150種・約7,000株の牡丹が咲き競っています。
引用元:長谷寺ぼたんまつり|長谷寺|奈良県観光[公式サイト] あをによし なら旅ネット|桜井市|山の辺・飛鳥・橿原・宇陀エリア|イベント http://yamatoji.nara-kankou.or.jp/01shaji/02tera/03east_area/hasedera/event/0000000045