のへじ「野辺地」戦争 盛岡藩と弘前藩の戊辰戦争の戦いの一つ 

052lykcipjhcsj
幕末に起きた会津戦争の
戦いの一つは◯◯◯戦争?
野辺地
のへじ(答)
「野辺地戦争」
43%

cimg2637zhowvrabzbai
世界遺産に登録されている
熊野古道の一つです
小辺路
こへち(答)

順番当て
次の世界遺産の熊野古道を北にあるものから順に選びなさい
小辺路 こへち
中辺路 なかへち
大辺路 おおへち
felnwlkxmgs
引用元:小辺路 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E8%BE%BA%E8%B7%AF

野辺地戦争(のへじせんそう、明治元年9月23日(グレゴリオ暦1868年11月7日))は、会津戦争(戊辰戦争)の戦いの一つである。
奥羽越列藩同盟側の盛岡藩は9月20日に新政府に降伏し、22日に新政府に降伏が受け入れられていた。だが翌23日、新政府側の弘前藩及び黒石藩の連合軍が野辺地へ侵攻。交戦の結果、盛岡・八戸藩連合軍が弘前・黒石藩連合軍を撃退して戦闘は1日で終了し、新政府からは両藩の私闘として処理された。 弘前藩はこのほかにも鹿角郡濁川[要曖昧さ回避]にも放火のために出兵を行っており、本格的な侵攻ではなく、実績作りのための放火活動であると言われる。戦争と言われているが実際は小規模な局地戦であった。
引用元:野辺地戦争 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E8%BE%BA%E5%9C%B0%E6%88%A6%E4%BA%89

鳥羽・伏見の戦いで始まった戊辰戦争はしだいに戦いの地を北へ移していきました。東北諸藩は新政府側から朝敵とされた会津藩・庄内藩の赦免嘆願を目的に奥羽列藩同盟を結成し和平的解決を図ろうとします。しかし各藩の思惑は一致せず、同盟が新政府側への対抗色を強めていくにつれ離脱する藩が相次ぎました。
 北奥の諸藩でも藩論が分かれましたが、結果的に盛岡藩は同盟を維持、弘前藩は新政府側支持の立場を明らかにします。八戸藩は同盟に参加したものの藩主信順(のぶゆき)が薩摩藩8代藩主島津重豪(しげひで)の子であったことから微妙な立場にありました。しかし宗藩である盛岡藩の強い要請により藩兵を野辺地に派遣し弘前藩への備えのため盛岡藩兵とともに藩境の守りを固めました。
 明治元年(1868)9月22日夜、新政府軍に盛岡藩討伐を命ぜられていた弘前藩は勤皇のあかしを立てるため野辺地へ出兵しました。弘前・黒石藩の津軽軍180人は3隊に分かれ、本隊は馬門村に火を放ちさらに野辺地村に進み、他の1隊は山道をとおり野辺地代官所付近まで進攻してきたことから南部軍は応戦しました。戦いは夜明けまで続きましたが、津軽軍は49名の死傷者を出し退却しました。
引用元:青森県 野辺地町ホームページ -Noheji Town Official site http://www.town.noheji.aomori.jp/category/185/185.html?section=25

小辺路(こへち)は、熊野三山への参詣道・熊野古道のひとつ。高野山(和歌山県伊都郡高野町)と熊野本宮大社(和歌山県田辺市本宮町本宮)を結び、紀伊山地を南北に縦走する。

小辺路は弘法大師によって開かれた密教の聖地である高野山と、熊野三山の一角である熊野本宮大社とを結ぶ道である。熊野古道の中では、起点から熊野本宮大社までを最短距離(約70キロメートル)で結び、奥高野から果無山脈にかけての紀伊山地西部の東西方向に走向する地質構造を縦断してゆく[1]。そのため、大峯奥駈道を除けば最も厳しいルートである[2]。(→#自然誌参照)
引用元:小辺路 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E8%BE%BA%E8%B7%AF