「5月の太陽」アルゼンチンの国旗

015zbcirwmcaob
この国旗の中央にデザインされて
いるのは「◯月の太陽」?
5(答)
「5月の太陽」
42%

五月の太陽(ごがつのたいよう、スペイン語: Sol de Mayo)とはアルゼンチン、及びウルグアイの国章の一つであり、両国の国旗にもあしらわれている。インカ帝国の太陽神インティを象徴している。太陽-五月の太陽-は1813年に承認された、アルゼンチンの最初の硬貨(8エスクードの価値があった)の模様を模している。太陽はそれぞれ16の直線と曲線からなる光線を発している。
1978年に内側の直径が10cm、外側の直径が25cm、太陽の色がや山吹色(amarillo oro)になるよう指定された(太陽の直径は白い帯の高さの5/6になる。太陽の顔の部分は高さの2/5となる)。交互に続く16本の曲線と16本の直線からなる、32本の光線によって特徴づけられ、1978年から「公式儀礼旗」としてそのように刺繍されなければならなくなった。
「五月」とは1810年5月18日から25日までの一週間の間に勃発した五月革命(リオ・デ・ラ・プラタ副王領を構成していた諸国がスペインからの独立を開始するきっかけとなった)を参照している。
引用元:五月の太陽 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E6%9C%88%E3%81%AE%E5%A4%AA%E9%99%BD

五月革命(スペイン語:Revolución de Mayo)は、1810年5月18日から25日までブエノスアイレスで起こった一週間にわたる一連の出来事を指す。ブエノスアイレスは当時リオ・デ・ラ・プラタ副王領の首都であった。この結果、5月25日に、副王バルタサール・イダルゴ・デ・シスネロスが失脚し、現地の政府プリメラ・フンタが樹立した。これらの出来事はアルゼンチンで「五月の週」(スペイン語 Semana de Mayo)として祝賀されている。
引用元:五月革命 (アルゼンチン) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E6%9C%88%E9%9D%A9%E5%91%BD_(%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%BC%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%B3)

アルゼンチンの国旗を考えたのは、マヌエル・ベルグラーノ将軍さ。1812年に、青・白・青のヨコ縞のみのデザインができたんだ。青は、大空、国土、正義や真実、白は、ラプラタ川と純粋な国民気質を表しているよ。その後、1816年にスペインから独立して、1818年、中央に太陽を付け加えたんだ。この太陽は、「五月の太陽」と呼ばれているよ。1810年5月25日に独立運動が起こったとき、雨が降り続いていたブエノスアイレスに、太陽が現れたんだって。この言い伝えから「五月の太陽」はデザインされて、自由のシンボルとして使われているそうだよ。アルゼンチンでは、6月の第3月曜日を「国旗の日」としているんだ。国旗を考えたマヌエル・ベルグラーノ将軍の命日にちなんでいるんだって。
引用元:アルゼンチンの国旗の意味・由来~アルゼンチンの国旗の意味・由来を解説 http://www.st38.net/kokki/z188.html