「アルダブラ」環礁

537skypufjennt
ゾウガメの種名にもなっている
インド洋に浮かぶセーシェルの
環礁で、世界遺産に登録されて
いるのは◯◯◯◯◯環礁?
アロダシュ
デユニンン
モイッオラ
アルダブラ(答)
19%

アルダブラ環礁はサンゴ礁が隆起して出来たインド洋に浮かぶセーシェルの環礁で、人の手がほとんど入っていない状況の中、アルダブラゾウガメをはじめとする独特の動物相・植物相が保たれている地域である。ゾウガメの生息地としては世界最大級で、15万2000頭が生息している。ゾウガメのほかにもアオウミガメ、タイマイなどが生息し、また多くの鳥類も観測される。

歴史[編集]
アルダブラには1511年にポルトガルの船乗りがヨーロッパ人としての上陸を果たしたが、すでにアラブ人たちには知られており、「アルダブラ」の名も彼らによってつけられたものである。18世紀にはフランス領レユニオンの保護下にあり、ゾウガメを捕獲するための探検隊はレユニオンを起点としていた。1810年には、モーリシャス、レユニオン、セーシェルなどとともにイギリス領となった。
引用元:アルダブラ環礁 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%96%E3%83%A9%E7%92%B0%E7%A4%81

熱帯地方に住むゾウガメは、日差しを避けなければ死んでしまう。

 と言っても、1日の中で最も暑い時間帯を岩や木の陰に隠れてやり過ごすのが通常だ。

 しかし、インド洋セーシェル諸島のアルダブラ環礁に住むアルダブラゾウガメ(Aldabrachelys gigantea)は違う。洞窟に隠れるという、ゾウガメを含むあらゆる陸ガメの中でも類を見ない、独特の方法で涼を取る。

 それだけではない。洞窟に暮らすこの爬虫類を発見した研究チームのリーダーであるデニス・ハンセン氏によると、この行動を数百年前からとっていたと考えられる理由があると言う。

 アルダブラゾウガメが毎日のように洞窟から這い上がる道のりが、もともとゴツゴツしていたはずなのに、何百年もかけてつるつるになっているのだ。(参考記事:「183歳のカメのジョナサン元気に、最高齢の動物」)

 スイス、チューリッヒ大学の熱帯生態学者であるハンセン氏は言う。「アルダブラゾウガメは、この道をとても長い期間使ってきたのでしょう」
引用元:【動画】洞窟で涼む熱帯のゾウガメが見つかる | ナショナルジオグラフィック日本版サイト http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/b/021600012/