「ナイジェリア」カメルーンの西「アフリカの巨人」

455yhbprgtknnw
アフリカの国・
ナイジェリアはどこ?
(画像出題)
53%

yzyehlxwslp
引用元:ナイジェリア連邦共和国 | 外務省 http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/nigeria/

ナイジェリア連邦共和国(英: Federal Republic of Nigeria)、通称ナイジェリアは西アフリカに位置する連邦制共和国である。西のベナン、北のニジェール、北東のチャド、東のカメルーンとそれぞれ国境を接し、南はギニア湾に面し大西洋に通ずる。ナイジェリアの行政区分は36州および首都アブジャ市を擁する連邦首都地区からなる。ナイジェリアは民主的世俗国家であることが憲法上で規定されている[2]。

>ナイジェリアは人口と経済規模から「アフリカの巨人」と称されることが多い[4]。およそ1億8400万人という人口は、アフリカでは最大であり、世界でも第7位に位置する。また若年人口(英語版)は世界でも非常に多い[5][6]。同国は多民族国家とみなされており、500を超えるエスニック・グループを擁する。そのうち3大エスニック・グループがハウサ人、イボ人、ヨルバ人である。同国のエスニック・グループが用いる言語は500を超え、文化の違いも多岐にわたり、それにより互いに区別される[7][8]。ナイジェリア連邦共和国の公用語は英語である。宗教はおおまかに南部のキリスト教と北部のイスラム教に二分される。少数はナイジェリア土着の宗教を信奉しており、たとえばイボ人やヨルバ人の伝統宗教などがこれにあたる。
2015年時点でナイジェリアの経済規模は世界第20位であり、名目GDPは5000億ドル、購買力平価は1兆ドルをそれぞれ上回る。2014年には南アフリカを抜きアフリカ最大の経済大国となった[9][10]。また、GDPに対する国債の割合は2013年で11%に過ぎず、2012年にくらべても8ポイント低い[11][12]。ナイジェリアは世界銀行からエマージング・マーケットとみなされているほか[13]、アフリカ大陸における地域大国[12][14][15]、国際政治におけるミドルパワー[16][17][18][19]、世界規模でのエマージング・パワー(英語版)ともみなされている[20][21][22]。ナイジェリアは、ひろく第2のBRICと目されるMINT(英語版)の1ヶ国であり、世界最大クラスの経済大国になると考えられているネクスト11にも含まれる。ナイジェリアは英連邦創設当初からの加盟国であるほか、アフリカ連合、OPEC、国際連合といった国際機関のメンバーでもある。
引用元:ナイジェリア – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%82%A2