了海『恩讐の彼方に』市九郎が出家 中川実之助のかたき

020mdpmairxyzx
菊池寛の小説『恩讐の彼方に』で
ひとりで青の洞門を掘り進める
僧侶の名前は◯◯?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
りょうかい(答)
48%

ですが彼に父親を殺されかたき討ちに現れる侍の名前は中川◯◯◯?
じつのすけ(答)
「中川実之助」

ですが彼の出家前の名前は◯◯◯?
いちくろう(答)
「市九郎」

文字パネル
菊地寛の小説『恩讐の彼方に』にも描かれている、大分県の耶馬渓にあるトンネルといえば?
青の洞門(答)

cimg7999lglcjeosfedr
次のうち
新日本三景に数えられる
日本の景勝地を全て選びなさい
三保の松原(答)
大沼(答)
華厳の滝
耶馬溪(答)
層雲峡
東尋坊

『恩讐の彼方に』(おんしゅうの かなたに)は、大正8年(1919年)1月に発表された菊池寛の短編小説である。本作を三幕の戯曲に書き直したのが『敵討以上』(かたきうち いじょう)である(#外部リンク)。
江戸時代後期に、豊前国(大分県)の山国川沿いの耶馬渓にあった交通の難所に、青の洞門を開削した実在の僧である禅海の史実に取材した作品。しかし禅海は、小説の主人公である市九郎(了海)のようにこれを独力で掘り続けたわけではなく、托鉢勧進によって掘削の資金を集め、石工たちを雇って掘った。また敵討ちの話も菊池による創作である。
引用元:恩讐の彼方に – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%81%A9%E8%AE%90%E3%81%AE%E5%BD%BC%E6%96%B9%E3%81%AB

恩讐の彼方に
菊池寛
青空文庫
引用元:菊池寛 恩讐の彼方に http://www.aozora.gr.jp/cards/000083/files/496_19866.html