青春18「のびのび」きっぷ

064xevhhgfpcuw
JRが発売する乗車券
「青春18きっぷ」の
発売された当初の名前は
「青春18◯◯◯◯きっぷ」?
わさかりび
やきれはの
のびのび(答)
「青春18のびのびきっぷ」
34%


かつて国鉄などが客から有料で運送した、「託送手荷物」の俗称といえば?
チッキ(答)
checkから

青春18きっぷ(せいしゅんじゅうはちきっぷ)は、旅客鉄道会社全線(JR線)の普通列車、快速列車が1日乗り放題となる[1]、販売および使用期間限定の特別企画乗車券(トクトクきっぷ)である。本項では青春18きっぷの前身である青春18のびのびきっぷについても述べる。

>日本国有鉄道(国鉄)旅客局が、増収策の一環として企画し、1982年(昭和57年)3月1日に「青春18のびのびきっぷ」として発売を開始。1983年春季発売分から現名称に改称した。
主に学生などの春季・夏季・冬季休暇期間を利用期間として発売され、原則として新幹線・特急・急行を除く旅客鉄道会社全線の普通列車・快速列車など、運賃のみで乗車できる列車に乗車することができる。
2014年夏季以降の販売価格は5回(人)分で11,850円(消費税率8%にともなう改定[1])。第1回発売時は8,000円で、のち10,000円に変更。1986年冬季に11,000円に値上げされた後、消費税の導入と税率引き上げによる値上げが行われて現行価格となっている(なお、後述のように2007年春季はJR発足20周年・青春18きっぷとして8,000円で発売[2])。主として学生向けの商品として企画されたが、利用者の年齢制限はなく、小児運賃の設定もない。
引用元:青春18きっぷ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E6%98%A518%E3%81%8D%E3%81%A3%E3%81%B7