「提言型政策仕分け」

074hwrnyqllkma
民主党政権の象徴ともされる
「事業仕分け」は、2011年秋より
「◯◯◯◯◯◯◯◯」と名称が
改められた?
け策分型政堤仕言
提言型政策仕分け(答)
38%

行政刷新会議(ぎょうせいさっしんかいぎ、Government Revitalization Unit)は、内閣府に設置されていた機関。

>2011年11月20日から国の重要政策の問題点を公開で議論するという「提言型政策仕分け」が始まった。政策決定権はなく改革を進めるに当たっての検討の支点や方向性を整理するものと位置づけられている。23日まで4日間の日程で行われる。
第2次安倍内閣発足2012年12月26日深夜の初閣議で当会議は廃止が決定された[5]。

引用元:行政刷新会議 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%8C%E6%94%BF%E5%88%B7%E6%96%B0%E4%BC%9A%E8%AD%B0

提言型政策仕分け
読み方:ていげんがたせいさくしわけ
別名:事業仕分け

行政刷新会議が開催する事業仕分けの新しい名称。

事業仕分けは、2009年11月に第1弾が行われ、2010年4月に第2弾、同年10月に第3弾が行われている。2011年11月20日から行われる予定の事業仕分けからは、提言型政策仕分けに名称が変更される予定になっている。

従来の事業仕分けでは、無駄な事業の廃止や削減などの洗い直しが中心だったが、提言型政策仕分けでは、政策や制度、個別事業の存続や廃止などの見直しや洗い直しが行われる予定になっている。
引用元:提言型政策仕分けとは – 新語時事用語辞典 Weblio辞書 http://www.weblio.jp/content/%E6%8F%90%E8%A8%80%E5%9E%8B%E6%94%BF%E7%AD%96%E4%BB%95%E5%88%86%E3%81%91