「ティムガッド」「トゥウェイフルフォンテーン」「アアプラヴァシ・ガット」

085xrfiqmqkfkk
次の文字列を組み合わせて
アフリカにある世界遺産の
名前にしなさい
ティム───ガッド アルジェリア
トゥウェイフル───フォンテーン ナミビア
アアプラヴァシ・───ガット モーリシャス
24%

ティムガッド (تيمقاد ; Thamugadi) は、西暦100年頃にトラヤヌス帝によって建設された古代ローマの植民都市である。古代ローマ時代にはタムガス (Thamugas) と呼ばれていた。ティムガッドの遺跡は、古代ローマの都市計画に碁盤目状の区画が導入された例を伝える、現存する最良の遺跡の一つである。長い間砂に埋もれていたことから保存状態がよく、「アフリカのポンペイ」の異名をとる。
引用元:ティムガッド – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%A0%E3%82%AC%E3%83%83%E3%83%89

トゥウェイフルフォンテーンは、ナミビアのクネネ州に残る2000点以上の岩石線画群からなる遺跡である。2007年にナミビアでは初となるユネスコの世界遺産に登録された。
引用元:トゥウェイフルフォンテーン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%82%A5%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%B3

アープラヴァシ・ガートは、モーリシャスの首都ポートルイスにある移民受け入れに使われてきた建造物群の総称。紆余曲折はあったものの、2006年にモーリシャスで初となるユネスコの世界遺産に登録された。
アープラヴァシ・ガートは、1834年から1910年まで主にインドからわたってきた労働者の迎え入れに使われた場所で、現存する施設は1849年に作られたものである。現在のモーリシャスでは、このインド系労働者の末裔が全人口の68%を占めている。
引用元:アープラヴァシ・ガート – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%82%B7%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%88