かんかけい「寒霞溪」小豆島にある景勝地 「通天閣」藤沢南岳が命名

041omkyyzvjcvi
香川県の小豆島にある観光名所
寒霞渓
かんかけい(答)
38%

131pBNODruuyI
浦島太郎がここで玉手箱を開けた
という伝説がある、木曽川上流に
ある景勝地は「◯◯の床」?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
ねざめ(答)
「寝覚の床」ねざめのとこ
引用元:「寝覚の床」ねざめのとこ 木曽郡上松町(あげまつまち)浦島太郎にちなむ景勝地 溶食地形「ラピエ」「カレンフェルト」 http://seethefun.net/%E7%A4%BE%E4%BC%9A/10320/

四季それぞれに織りなす大自然の豊かさに恵まれた、瀬戸内海国立公園の中心地小豆島。
そのほぼ中央に位置する寒霞渓(かんかけい)は、島の最高峰星ヶ城と四方指の間にある渓谷。
寒霞渓はおよそ1300万年前の火山活動によってできた安山岩、集塊岩などの岩石が長い年月の地殻変動や侵食により、そそりたつ奇岩怪石の絶景をつくりあげた。
引用元:寒霞渓紹介 | 国立公園 寒霞渓 http://www.kankakei.co.jp/introduction.html

寒霞渓(かんかけい)は、香川県の小豆島にある渓谷。国指定の名勝のひとつ。
>星ヶ城と美しの原高原の間、範囲は東西7キロメートル、南北4キロメートルに及ぶ大渓谷で、そこに約1300万年前の火山活動により堆積した疑灰角礫岩などが、度重なる地殻変動と風雨による侵食により、断崖や奇岩群を形成している。 日本書紀にも記述がある奇勝で、元々は鉤掛山、神懸山などと呼ばれていたが、明治初期の儒学者、藤沢南岳が寒霞渓と命名した。
引用元:寒霞渓 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%92%E9%9C%9E%E6%B8%93