「ロスネフチ」Rosneft ロシア最大の国営石油会社

051imgofvhysra
「ロシア石油」という意味がある
ロシア最大の国営石油会社です
ロスネフチ(答)
Rosneft
15%

ロスネフチ(ロシア語: Роснефть、ラテン文字表記の例:Rosneft、「ロシア石油」の意)は、ロシア最大の国営石油会社である。ソビエト連邦時代のソ連石油工業省を母体に設立された。
>2012年10月には、国際石油資本(メジャー)大手の一角、BPが「アルファ・アクセス・レノヴァ」(AAR[1])らロシア系投資家グループと合弁・運営していた現地法人TNK-BP社を買収することを発表[2][3]、2013年3月21日付で買収を完了した[3]。BPと投資家グループの経営方針対立によるBP側の戦略転換(ロスネフチとの提携模索)が背景にあったとされる[2]。これにより、ロスネフチは保有埋蔵量・日産量の規模で、エクソン・モービルなど他の石油メジャーを大きく引き離して世界最大の石油会社となった[2]。また、この買収の過程で、BPが保有していたTNK-BP株(50%)の取得に現金に加えて自社株を提供したことなどから[3][4]、BPがロスネフチの株式の約20%を保有する大株主となっている[3]。
引用元:ロスネフチ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%8D%E3%83%95%E3%83%81