「伯方島」

108YrcQHjPsGJp
瀬戸内海にあるこの島は?
伯方島(答)
小豆島
厳島
因島
44%

伯方島(はかたじま)は瀬戸内海中部にある芸予諸島の島である。
>2005年1月16日の旧越智郡伯方町と今治市他の合併により、今治市の一部となった。瀬戸内しまなみ海道により本州及び四国と「陸続き」である。島の南部に西瀬戸自動車道の伯方島インターチェンジがある。造船所4社があるほか内航船主体ながら船主の集積も見られ、海運と造船の島として知られる。また「伯方の塩」発祥の地でもある。
「はかた」と読むのは難読の部類に属する。2005年の合併前までは同じ越智郡の中に波方町(なみかたちょう)があり、混同されることもあった。
引用元:伯方島 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%AF%E6%96%B9%E5%B3%B6

小豆島(しょうどしま)は、瀬戸内海・播磨灘にある島。行政区分は香川県小豆郡に属し[注釈 1]、小豆島町、土庄町の2町からなり、人口は28,764人(2016年度推計)。近年、人口が減少の一途をたどっており、2013年6月24日に隣接する沖之島とあわせて、国土交通省より「離島振興法」の指定を受けた。離島振興法の活用で、今後10年間の人口減少率を10%以内に抑えることを目指す[1]。
古代には「あずきしま」と呼ばれ、その後中世までは「しょうずしま」と呼ばれた[2]。素麺、醤油、佃煮、胡麻油、オリーブなどの生産が盛んであり、いずれも日本有数の生産地となっている。特にオリーブは国内栽培の発祥地として広く知られる。また、小説『二十四の瞳』の作者壺井栄の故郷としても知られ[注釈 2]、小豆島をロケ地として、同小説はこれまで2回映画化された。
引用元:小豆島 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E8%B1%86%E5%B3%B6

厳島(いつくしま)は、瀬戸内海西部、広島湾の北西部に位置する、通称は宮島(みやじま)、また安芸の宮島ともいう。行政区分は広島県廿日市市宮島町。
引用元:厳島 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%B3%E5%B3%B6

因島(いんのしま)は、広島県尾道市に属する島である。
>芸予諸島北東部に位置し、本州尾道から約17km南に位置する[2]。島の北東側は布刈瀬戸を挟んで向島、南西側が生口水道を挟んで生口島となり、それぞれ因島大橋・生口橋で結ばれしまなみ海道を構成する。東側は横島、北西側が細島・小細島・佐木島で、すべて広島県。南側が長崎瀬戸を挟んで愛媛県上島諸島(弓削島・生名島・岩城島)にあたる[3]。
面積35.03km2 (2014年10月時点[4])。地質はほぼ花崗岩[5]。気候は瀬戸内海式気候[5]。最高峰は奥山390m、次が青影山268m[2]。平地が少なく山および丘陵地で構成されており、中央付近を斜めに横切る国道317号によって奥山系と青影山系の2つの山系で二分される[2][5]。現在の平地の多くは古来は入江で近世からの塩田あるいは新田開発により土地が形成された[6]。
引用元:因島 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%A0%E5%B3%B6