「積丹半島」エイの尾元部分「渡島(おしま)半島」尾先部分

055IeVwFhY
北海道にある
この半島は?
根室半島
積丹半島(答)
知床半島
渡島半島 おしまはんとう

積丹半島(しゃこたんはんとう)は北海道西部、後志総合振興局にある半島である。地名の由来はアイヌ語のシャクコタン(夏の村)である。日本海に向かって突き出ており、地質学上では那須火山帯に属する後志火山群の延長上に位置する。半島部の全長は約30km、地形は平野部が少なく急峻で、中心では積丹岳や余別岳が脊梁をなし、沿岸は複雑な海岸線が連続する。そのため、風光明媚な景観に富み、海岸線一帯はニセコ積丹小樽海岸国定公園に指定されている。
引用元:積丹半島 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A9%8D%E4%B8%B9%E5%8D%8A%E5%B3%B6

渡島半島(おしまはんとう)は北海道南西部にある半島。広義には石狩湾から勇払平野にかけての石狩低地帯より西の地域をいうこともあるが、一般には寿都と長万部を結ぶ黒松内低地以南の地域を指す。
引用元:渡島半島 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A1%E5%B3%B6%E5%8D%8A%E5%B3%B6

根室半島(ねむろはんとう)は、北海道の東南部にある半島。長さ約30km、幅約8kmの細長い半島であり、東西方向に伸びている。先端の納沙布岬は北海道の東端ともなっている。半島全体が根室市に属し、半島の中央に根室市の中心部がある。付け根部に温根沼、風蓮湖がある。北岸は、根室湾に面する。半島の先には、珸瑤瑁(ごようまい)水道を挟んで歯舞群島が続く。
引用元:根室半島 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%B9%E5%AE%A4%E5%8D%8A%E5%B3%B6

知床半島(しれとこはんとう)は、北海道斜里郡斜里町と目梨郡羅臼町にかけてあり、オホーツク海の南端に突出した半島[1]。長さ約70km、基部の幅が25kmの狭長な半島であり、西側がオホーツク海、東側が根室海峡に面している。また、半島東側には国後島が平行する形で横たわっている[1]。
名前の由来は、アイヌ語の「シレトク(sir etok)」(地山の先、あるいは地山の突き出た所)を意味している[2]。
引用元:知床半島 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%A5%E5%BA%8A%E5%8D%8A%E5%B3%B6