「長野県」セロリ生産量日本一

028tsboYMY
セロリの生産量日本一の
都道府県は?
ひらがなで答えなさい
ながの(答)
「長野県」
56%

セロリ
全国1位の生産量! 信州のセロリはフレッシュ&ほろ苦さが自慢
>長野県の生産現場では
「セルリー」と呼ばれています
イタリア料理には欠かせない存在のセルリーは、一般的には「セロリ」「セロリー」などと言われていますが、英語で書くと「celery」で、これをフランスなまりで読むと「セルリー」となるんです。洋食が普及しはじめた明治になってから、まずは長野県松本市で商用の生産がはじまり、長野県の生産現場では古くからこれを「セルリー」と呼ぶ慣習があるのです。

>県別ベスト3
1位:長野県
2位:静岡県
3位:福岡県

統計年度:農林水産省統計部発表資料
(平成23年度)

>長野県で1年間に収穫されるセルリー(1万2900t)をセロリスティック(2本200g)にしたら、全国の15歳未満の子どもたち(1649万人)が1人約3.9皿ずつ食べることができます。
引用元:セロリ | 農畜産物情報 | JA長野県グループ「農」のポータルサイト いいJAん!信州 http://www.iijan.or.jp/chikusan/product7/?season=spring

セロリ(英: celery、学名: Apium graveolens var. dulce)は、セリ科の植物。
>オランダミツバ、清正人参(きよまさにんじん)、セルリー、セレリィ、塘蒿とも呼ばれ、コーネル、トールユタなどの品種がある。中国で改良されたキンサイ(芹菜、英: Chinese celery)は、広東セロリ(カントンセロリ)やスープセロリとも呼ばれる。葉、茎、根、実、ほぼ全ての部分を食用にできる。独特の強い香りがある。セロリアック、セルリアックなどの名称で呼ばれる根菜は同種の別変種。
>日本
加藤清正が文禄・慶長の役の際に日本に持ち帰ったという説がある。そののち、1800年頃にオランダ船により運ばれたが、独特の強い香りのために普及しなかった。盛んに栽培されるようになったのは戦後、食生活が洋風化していってからのことである。
引用元:セロリ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%AD%E3%83%AA