閉鎖「天保山遊園」「向ケ丘遊園」「近鉄あやめ池遊園地」

196CEJPiFD
次のうち、すでに閉鎖された
遊園地を全て選びなさい
天保山遊園(答)1897閉鎖
姫路セントラルパーク
鷲羽山ハイランド
27%


次のうち、すでに閉鎖された
遊園地を全て選びなさい
四国ニュージーランド村(答)2005閉鎖
北海道グリーンランド
ひらかたパーク

一問多答
次のうち、すでに閉鎖された
遊園地を全て選びなさい
船橋ヘルスセンター(答)1977閉鎖
向ヶ丘遊園(答)2002閉鎖
天保山遊園(答)1897閉鎖
加賀百万石時代村(答)2006閉鎖
カナディアンワールド(答)1997閉鎖
ミラージュランド
スカイランドいこま 現在の名称は「生駒山上遊園地」
浜名湖パルパル
サントピアワールド
日本モンキーパーク
那須ハイランドパーク
パルケエスパーニャ

一問多答
次のうち、すでに閉鎖された
遊園地を全て選びなさい
東条湖ランド(答)2000閉鎖
カッパピア(答)2003閉鎖
近鉄あやめ池遊園地(答)2004閉鎖
ナムコ・ワンダーエッグ(答)2000閉鎖
小山ゆうえんち(答)2005閉鎖
としまえん
よこはまコスモワールド
浅草花やしき
よみうりランド
アドベンチャーワールド
鷲羽山ハイランド
八景島シーパラダイス

一問多答
次のうち、すでに閉鎖された
遊園地を全て選びなさい
ゆのはまランド(答)2002閉鎖
スポーツバレー京都(答)2001閉鎖
奈良ドリームランド(答)2006閉鎖
比叡山頂遊園地(答)2000閉鎖
ラグナシア
チャチャワールドいしこし
手取フィッシュランド

天保山遊園(てんぽうざんゆうえん)は、かつて大阪市港区にあった遊園地である。大阪のウォーターフロントリゾートの先駆けとなった。
概要[編集]
1888年(明治21年)にオープン。園内には、海水温泉、保養所、魚釣場などの施設があり、魚釣・海水浴などが楽しめた。なお、民間設置・運営の遊園地であったが、官の出資を受けていた。
しかし、開園からわずか9年後の1897年(明治30年)の築港工事の開始により遊園地は閉鎖された。
引用元:天保山遊園 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E4%BF%9D%E5%B1%B1%E9%81%8A%E5%9C%92

四国ニュージーランド村(しこくニュージーランドむら)は、1987年(昭和62年)に開設された香川県仲多度郡まんのう町に位置するテーマパーク。株式会社ファームが運営。2005年(平成17年)12月より休園中。
引用元:四国ニュージーランド村 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E5%9B%BD%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E6%9D%91

船橋ヘルスセンター(ふなばしヘルスセンター・1955年11月3日 – 1977年5月5日閉館)は、かつて千葉県船橋市浜町に存在した総合レジャー施設である。
引用元:船橋ヘルスセンター – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%B9%E6%A9%8B%E3%83%98%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC

向ヶ丘遊園(むこうがおかゆうえん)は、神奈川県川崎市多摩区長尾2丁目8-1で1927年(昭和2年)から2002年(平成14年)まで営業していた小田急電鉄系の遊園地。

遊園地は閉園したものの、小田急小田原線の駅名として向ヶ丘遊園駅や、近隣の店舗名で「向ヶ丘遊園店」、近隣のビルなどでは「××向ヶ丘遊園」のようにその名残が遊園地跡地周辺で、多々見られる。
引用元:向ヶ丘遊園 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%91%E3%83%B6%E4%B8%98%E9%81%8A%E5%9C%92

加賀百万石時代村(かがひゃくまんごくじだいむら)は、かつて石川県加賀市にあった江戸時代の歴史、文化を扱うテーマパークである。
>初年度は、約75万人の入場者があったが、その後は年々減少傾向に転じていった。さらに2005年には愛知万博や大雪の影響も重なったため大きく入場者数を下回り、これ以上の運営は不可能と判断。2006年1月30日で閉村し、任意整理に入った。
引用元:加賀百万石時代村 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A0%E8%B3%80%E7%99%BE%E4%B8%87%E7%9F%B3%E6%99%82%E4%BB%A3%E6%9D%91

カナディアンワールド公園(カナディアンワールドこうえん)とは、北海道芦別市にある市営公園である。
>その後も再建を果たせず赤字続き[11]となっていたため、閉園して無料の市民公園として再出発させることになり[12]、1997年(平成9年)10月に閉園した[4]。
そして、1999年(平成11年)7月4日に「芦別市営カナディアンワールド公園」として開園し、無料開放された[3]。
引用元:カナディアンワールド公園 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%8A%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E5%85%AC%E5%9C%92

東条湖ランド(とうじょうこランド)は、かつて兵庫県加東郡東条町(現:加東市)にあった関西有数のアトラクションを持つ遊園地であった。
>ゴルフ場経営などを手掛ける安達事業グループが1969年8月9日、東条町にある東条湖畔に開設。テーマは「ウエスタン」、マスコットは「ラビタン(うさぎ)」だった。関西有数のレジャー施設として、若者向けジェットコースターなどの「絶叫マシン」を次々揃え、最盛期は、1992年の55万人の来場者があった。2000年5月28日に閉鎖、2ヵ月後の7月20日には東条湖おもちゃ王国としてリニュアルオープンした。
引用元:東条湖ランド – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E6%9D%A1%E6%B9%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89

カッパピアは、群馬県高崎市高崎観音山丘陵近辺にかつてあった、上信電鉄傘下の高崎フェアリーランド株式会社経営の遊園地である。
>最盛期は年間60万人以上の来客者があったが、バブル崩壊後からは入場者数は年々減少し、少子化・娯楽の分散化により、1998年度には年間入場者数が過去最低の8万5000人を記録、その後も10万人台にとどまった。また末期には施設の老朽化も著しく、存続が困難な状況であった。2003年11月30日、42年間の営業に幕を下ろし閉鎖。閉園時に開園当時から残っていた遊具は、海賊船の形をしたジャングルジムとすべり台だった。
引用元:カッパピア – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%91%E3%83%94%E3%82%A2

近鉄あやめ池遊園地(きんてつあやめいけゆうえんち・1926年6月11日 – 2004年6月6日閉園)は、奈良県奈良市あやめ池北1丁目9番1号(近鉄奈良線菖蒲池駅下車北口すぐ)にあった遊園地。近畿日本鉄道の子会社であった近鉄興業株式会社(現在は解散)が運営していた。
>USJ開業や少子化等で来場者が激減したうえ、近鉄グループのリストラも重なり、2004年(平成16年)6月6日で閉園、78年の歴史に幕を下ろした。
引用元:近鉄あやめ池遊園地 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%91%E9%89%84%E3%81%82%E3%82%84%E3%82%81%E6%B1%A0%E9%81%8A%E5%9C%92%E5%9C%B0

ナムコ・ワンダーエッグ (NAMCO WonderEggs) は、株式会社ナムコ(後のバンダイナムコゲームス)が運営していたテーマパーク。1992年の開園以降、1996年にワンダーエッグ2、1999年にワンダーエッグ3と二度のリニューアルオープンをし、20世紀最終日の2000年12月31日に閉園した。
引用元:ナムコ・ワンダーエッグ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%A0%E3%82%B3%E3%83%BB%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%83%83%E3%82%B0

小山ゆうえんち(おやまゆうえんち)は、栃木県小山市喜沢にあった遊園地。1960年4月に開園し、2005年3月閉園した。
>2005年1月31日に開かれた債権者集会で、全事業を食品スーパーのヨークベニマルに譲渡する更生計画(第三次変更計画)を承認、宇都宮地裁により即日認可された。思川観光は譲渡代金で金融機関など10社に対する債務を一括弁済、更生手続きを終結させ2月末をもって会社を清算し、経営権委譲後の2005年3月10日に閉園が正式に発表された(温泉施設などは運営を継続させる方針を示した)。また、敷地内にあったアルペン小山ゆうえんち店(旧ダイエーDマート小山店)も2005年11月13日をもって閉店となった。小山ゆうえんち自体は2005年2月6日に営業を終了し閉鎖された。
引用元:小山ゆうえんち – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%B1%B1%E3%82%86%E3%81%86%E3%81%88%E3%82%93%E3%81%A1

ゆのはまランドは、かつて山形県酒田市浜中にあった遊園地。
>1981年(昭和56年)4月オープン(現在の庄内空港(1991年供用開始)の隣接地)。約46200平方メートルという広大な敷地の中に、メリーゴーランドやゴーカート、子どもが乗れる鉄道模型などが設けられ、開園当初は年間約7万5千人もの集客を誇った庄内地方唯一の遊園地であった。
しかしながら、遊具類が主に小学校低学年以下の児童対象のものということもあってか、年々入場者は減り続け、閉園直近は約3万人程度までに落ち込むなど経営の継続が困難となり、2002年(平成14年)11月をもって閉園となった。
引用元:ゆのはまランド – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%86%E3%81%AE%E3%81%AF%E3%81%BE%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89

森のゆうえんち(もりのゆうえんち)は、かつて京都市左京区八瀬にあった京福電気鉄道子会社の「比叡産業」経営の遊園地である。
>当初は八瀬遊園として1964年(昭和39年)にオープンした、家族向けの中規模遊園地で、開業当時は数少ない遊園地で年間20万人近くの入場者があったが、その後は他の遊園地との競争が激化したため、低迷。
1983年(昭和58年)7月21日には若者向けスポーツ遊園地スポーツバレー京都となったが好転せず、再び1999年(平成11年)には、その名の通り森の中に位置していることから「森のゆうえんち」としてリニューアルを図るも、これもまた実らなかった。
そして、京福電鉄が福井県の越前本線(現・えちぜん鉄道勝山永平寺線)の列車衝突事故の影響で業績が悪化したことから、2001年(平成13年)11月30日に閉園した。
引用元:森のゆうえんち – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%AE%E3%81%AE%E3%82%86%E3%81%86%E3%81%88%E3%8%93%E3%81%A1

奈良ドリームランド(ならドリームランド)は、奈良県奈良市北部に存在した遊園地である。
>千日土地興行(後の日本ドリーム観光、松尾國三代表)の手によって1961年7月1日に開業した。1993年、ダイエーが日本ドリーム観光を吸収合併し、同グループの「ドリームパーク」が経営していたが、2005年11月に経営再建中のダイエーは非中核事業の整理の一環として「ドリームパーク」の経営権を不動産会社の「テンラッシュ」に譲渡した。しかし、1983年の東京ディズニーランドの開園(ディズニーランドとの関係は後述の#開園までの流れ参照)により入場者数が減少、さらに2001年にUSJが開業した後、入場者減に拍車が掛かったことなどに伴い[要出典]、2006年8月31日に閉園となった。最盛期の年間入場者数はのべ160万人を数えたが、閉園時にはのべ40万人にまで減少していた。
引用元:奈良ドリームランド – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%88%E8%89%AF%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89

比叡山頂遊園地(ひえいざんゆうえんち)は、京都府京都市左京区の比叡山に西暦1959年から2000年まで存在した遊園地である。
>2000年1月24日に閉鎖。主な要因は、不況と少子化による来園者の減少であった。現在、跡地は成人を対象とした文化施設美術館ガーデンミュージアム比叡となっている。
引用元:比叡山頂遊園地 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AF%94%E5%8F%A1%E5%B1%B1%E9%A0%82%E9%81%8A%E5%9C%92%E5%9C%B0