「ティーピー」インディアンの移動式住居 「ゲル」モンゴル遊牧民 「イグルー」エスキモー

140qehiXRAEuZ
このアメリカインディアンの
移動式住居を何という?
ティーピー(答)
ティピー(答)
ティピ(答)
tipi
tepee
teepee

ティピー(Tipi、Teepee=ティピ、ティーピーとも)とは、アメリカインディアンのうち、おもに平原の部族が利用する移動用住居の一種である。
>ティーピーはスー族を始め、カナダ南部、北米平原部、北西部の、移動しながら狩りを行う文化を持つ部族の野営用の住居である。小さいものでは1~2人、大きいものでは数世帯が居住できる巨大なものもある。たいていの場合、入り口は太陽の昇る東向きに建てられる。テントと決定的に違うのは、中で火を焚くことが出来ることである。
引用元: ティピー – Wikipedia.

>ゲルと言う名のテント
モンゴルの遊牧民が簡易住居として用いるのが、ゲルもしくは、パオと呼ばれる物です。遊牧民の特性にマッチしたこのゲルは、移動する際、バラして持ち運ぶと言う、日本の感覚でいう所のレジャーテントに似ている天幕住居になります。
>ティピーと呼ばれるテント
ティピーと言う物は、アメリカ大陸の原住民としても知られる、インディアンの住居となるテントとなります。ティピーとは、スー族の言葉でハウスの意味になる為、彼らの住居であり、家と言う事を示す言葉と言う事になります。
>ヤランガと言う名のテント
ヤランガは共産圏の国、ロシアの中で現代社会から一つ距離を置いて、シベリアの北東部に暮らす、チュクチと民族が住んでいる移動式住居になります。見た目はレジャーテントの様でもあり、竪穴式住居の様でもあります。
>イグルーと呼ばれるテント
イグルーは、エスキモー諸民族に伝わる家であり、季節や環境に応じて分類をすると、大体3パターンの形態を持っている住居になります。クジラの骨で支柱を作った物や圧雪ブロックで制作された物などあり、個別に見ていくとテントとは少し離れる様ですが、イヌイットは普段、革製の天幕に住んでいる事から、イグルー全体で見た時はそう言う物もあると言う結論に達します。
引用元: 文化を表すテント-イベントテント村集会場.