ぐぶしゃ「供奉車」随伴員が乗車する皇室車両

014BTYFLEz
随伴員が乗車するための
皇室専用の鉄道車両です
供奉車
ぐぶしゃ(答)
41%

◯×
天皇陛下が乗車されるお召し列車用の車両は宮内庁が保管している
×(答)
◯JR


皇族が旅行される時などに特別に運行される列車を「◯◯◯列車」という?
おめし(答)
「お召し列車」

ぐ‐ぶ【▽供奉】

[名](スル)
1 行幸や祭礼などのときにお供の行列に加わること。また、その人。おとも。
2 《「くぶ」とも》「内供奉(ないぐぶ)」の略。
「鳳輦(ほうれん)の前後を守護し美々しく―し給える有状」〈染崎延房・近世紀聞〉
引用元:供奉(グブ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E4%BE%9B%E5%A5%89-484820

皇室用客車(こうしつようきゃくしゃ)とは、日本の皇族が鉄道で旅行をする時に使用される皇室専用の鉄道車両(客車)のことである。皇室用客車には、皇族が乗車する御料車(ごりょうしゃ)、随伴員が乗車する供奉車(ぐぶしゃ)、天皇、皇后の霊柩を輸送する霊柩車(れいきゅうしゃ)およびご神体である賢所を輸送するための賢所乗御車(かしこどころじょうぎょしゃ)の4種がある。
通常は東日本旅客鉄道(JR東日本)の東京総合車両センター(旧・大井工場)内の御料車庫において厳重に保管されており、お召し列車を運行する際には、入念な事前整備を施した上で用いられる。
>御料車は、歴代の皇族が乗る車両で、「御料」とは、高貴な人の所有物・利用物の意である。
御料車は、その時代における最高の車両製造技術と工芸美術の粋を結集して製造されており、工芸品としても貴重なものである。また、明治・大正期の一般用客車がほとんど残存していないため、当時の車両製造技術を今に伝えるものとして、鉄道技術史の面でも貴重な資料である。
引用元:皇室用客車 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9A%87%E5%AE%A4%E7%94%A8%E5%AE%A2%E8%BB%8A

お召し列車(おめしれっしゃ)とは、天皇、皇后、皇太后が使うために特別に運行される列車である。なお、天皇・皇后・皇太后以外の皇族のために運行する列車は御乗用列車(ごじょうようれっしゃ)と呼ぶ。
>お召し列車・御乗用列車のための専用の車両(皇室用客車)があるが、普段は特急など一般の列車に使われている車両を天皇が乗るための臨時列車として運転する場合もあり、後者の場合も天皇・皇后・皇太后、それ以外の皇族が使うことになるために運行するため、お召し列車・御乗用列車にあたる。
しかし定期列車を使う場合、たとえば新幹線「のぞみxx号」の○号車を借り切る場合には、天皇・皇后・皇太后が使うことになったとしても天皇・皇后・皇太后のために運転する列車ではないため、お召し列車には含まれない。
引用元:お召し列車 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8A%E5%8F%AC%E3%81%97%E5%88%97%E8%BB%8A