おいかまない「生花苗」沼 北海道の沼 おみわたり「御神渡り」湖面が凍結し盛り上がる現象

172nToybXj
CIMG7226IAtGBPRwbMJD
北海道大樹町にある沼は
◯◯◯沼?
生花苗
おいかまない(答)
「生花苗沼」
おいかまないぬま
43%


長野県の諏訪湖などで
冬に見られる現象
御神渡り
おみわたり(答)

生花苗沼(おいかまないぬま)は北海道東部、大樹町にある汽水湖である。アイヌ語読みのオイカマナイトウと呼ばれることもある。
>成因は海の後退による海跡湖。
湖の名前の由来はアイヌ語のオイカ・オマ・イ・トウ(=越える・入る・ところ・沼)に由来。
引用元:生花苗沼 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%9F%E8%8A%B1%E8%8B%97%E6%B2%BC

神秘的な「御神渡り」 生花苗沼

【大樹】これぞ神の道-。厳寒期に入った大樹町の生花苗沼に「御神(おみ)渡り」が出現している。湖沼面から30センチほど盛り上がった氷塊があちこちでつづら折りになって沼を縦横断し、神秘的な光景を生み出している。

 御神渡りは、湖沼面の氷が割れ目に沿って盛り上がる自然現象。気温の変化で氷が膨張と収縮を繰り返すという、複雑なメカニズムで起こるとされている。長野県最大の湖「諏訪湖」が有名で、「諏訪大社上社の男神が、下社の女神のもとへと渡る恋の道」という言い伝えがある。

 生花苗沼では、十勝ならではの「しばれ」の影響で毎年のように起きているとみられる。ただ、雪に閉ざされ、表に顔を出すことはあまりない。今年は例年にない少雪が“神のみぞ知る道”を導き出した。
引用元:神秘的な「御神渡り」 生花苗沼|WEB TOKACHI-十勝毎日新聞 http://www.tokachi.co.jp/news/201401/20140119-0017531.php