「マッテオ・レンツィ」イタリア史上最年少で首相

076AHdWnVw
2014年に、39歳という
イタリア史上最年少の若さで
首相に就任したのは?
マッレィツオンテ・
マッテオ・レンツィ(答)
Matteo Renzi
0%

正解率から判断すると、近頃追加された問題でしょうか?

マッテオ・レンツィ(イタリア語: Matteo Renzi, イタリア語発音: [matˈtɛo ˈrɛntsi]、1975年1月11日 – )は、イタリアの政治家。閣僚評議会議長(首相、第63代)。民主党書記長(第5代)。
フィレンツェ市長(1期)、フィレンツェ県知事(1期)を務めた。
>2014年2月14日、民主党所属の閣僚評議会議長(首相)であるエンリコ・レッタに対して、改革が進んでいないなどを理由にレンツィ率いる党役員会で首相辞職を勧告。レッタはレンツィとの会談後、首相辞表を提出した。
同年2月17日、大統領のナポリターノよりレンツィは首相に指名され[5]、わずか2カ月足らずの間にフィレンツェ市長から民主党書記長(党首)、首相へと上り詰めた。なお、39歳での首相就任は、イタリア史上最年少となる[1]。
>妻は高校教師のアニェーゼ・ランディーニ。夫人との間にフランチェスコ、エマヌエーレ、エステルの2男1女がいる[13][1]。
演説が上手く、メディア戦略によって民衆の心をつかむのに長けている。一方でベテラン政治家たちを「老害」と呼んで排除するなど党に不協和音を生み出しており、マスコミからは「壊し屋」と呼ばれている[13]。
引用元:マッテオ・レンツィ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%86%E3%82%AA%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%84%E3%82%A3

第二次大戦中にファシスト政権が倒れて以来、イタリアでは約70年間に60以上の内閣が誕生しては倒れてきた。近年、政治はますます機能不全に陥り、長引く不況にも出口が見えない。そんなどん底状態の国に、すい星のように「救世主」が現れた。

 実際、イタリア史上最年少の首相となったマッテオ・レンツィ(39)は、神を引き合いに出すのが好きだ。親しい友人たちの話によると、レンツィはカトリック教会の司祭に「マッテオ、確かに神はおられる。だが君ではない。肩の力を抜きなさい」と諭された話をするのが好きだという。

レンツィが政治の世界に足を踏み入れたのは95年のこと。フィレンツェ大学で法律を学んでいるとき、ロマーノ・プロディ(後の首相)の後援組織に関わったのが最初だった。フィレンツェ県知事を経て、09年にフィレンツェ市長に就任すると、次々と改革を打ち出した。

 市会議員の定員を半分にし、自治体関係の公用車を減らして歳出を削減。その一方で公立学校の新設・改修に5100万ユーロ、社会福祉関連事業に2500万ユーロを投じ、幼稚園の待機児童を90%減らすことに成功した。

 フィレンツェ中心部の歴史地区への一般車両乗り入れを禁止し、公衆無線LANスポットを500カ所設置するなどして観光業を推進。年間800万人の観光客を呼び込むとともに、新規雇用の創出にも力を入れた。

 さらにレンツィは、市の歳入を増やすために思い切った措置を導入して議論を巻き起こした。歴史的な施設や広場を、企業のイベントや結婚式の会場として有料で貸し出したのだ。昨年はインド人カップルがベッキオ橋を3日間借り切って結婚式を敢行。周辺住民からは大ブーイングを浴びたが、市には800万ユーロが転がり込んだ。レンツィはこうした政策を、イタリア全体にも広げたい考えだ。
引用元:どん底イタリアに奇跡を起こす男 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2014/04/post-3244_2.php

2014年2月22日より就任したイタリアの新首相、マテオ・レンツィは、国会議員の経験があったわけではない。彼を首相の座に就かせたのは、政界の重鎮である88歳のジョルジョ・ナポリターノ大統領、そして有罪判決が確定した77歳の元首相シルヴィオ・ベルルスコーニの2人である。レンツィは39歳で、その大臣らの平均年齢は48歳。そのうち、2人の女性大臣は33歳だ。彼らは自分たちが政権を運営できると信じている。しかし、やがて彼らは自分達が政府しか掌握していないことに気づくかもしれない。老人の汗が染み付いた政権をコントロールするのは難しい。
引用元:イタリアのレンツィ首相:この若き男は老害が支配する国をうまく率いることができるか? | Marco Morosini http://www.huffingtonpost.jp/marco-morosini/post_7302_b_5102319.html