次点「バネ」前回次点の候補者が今回集票し当選すること

437qREdWfZ
選挙で、前の回に僅差で落選した
候補に同情票が集まることを
「次点◯◯」という?
◯を答えなさい
バネ
「次点バネ」
47%

次点バネ
じてんバネ

ある選挙で次点で落選した候補者が,次の選挙で奮起して当選を果たすこと。現職の議員が次点で落選した場合,次の選挙では次点バネが働いて返り咲き当選を果たすことがよくある。選挙区の地元で有権者に日常的に接触することが票集めに重要だが,「ドブ板戦術」と呼ばれ,一軒一軒歩いて回る戦術が特に有効である。
引用元:次点バネ(じてんバネ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E6%AC%A1%E7%82%B9%E3%83%90%E3%83%8D-159363

「 次点バネ」とは何ですか?
>デュヴェルジェの法則と呼ばれるものですね。一票投じても当選しなそうな、或いは一票投じなくとも当選しそうな候補に無駄な?投票するのでは無く、当落線上ギリギリの候補者に一票投じてその一票を反映させようとすること。
現職或いは現政権政党の失政の批判票の受け皿になり選挙戦を有利に戦うこと。
引用元:「 次点バネ」とは何ですか? – デュヴェルジェの法則と呼ば… – Yahoo!知恵袋 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1098431890

デュヴェルジェの法則(デュヴェルジェのほうそく、Duverger’s law)は、選挙において候補者数が次第に収束していくとする法則。
>各選挙区ごとにM人を選出する場合、候補者数が次第に各選挙区ごとにM+1人に収束していく、という法則。1950-60年代にモーリス・デュヴェルジェが唱えた。発表当初は、全国単位で政党数が次第にM+1に収束する法則と考えられたが、Steven R. Reedが日本の中選挙区制などを調査した結果、前述のように理解されつつある。
引用元:デュヴェルジェの法則 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%A5%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87

アナウンス効果[編集]
戦略投票を行うには、選挙結果の予測を得なくてはならない。マスコミ各社の世論調査結果は、大抵の有権者にとって予測を得る絶対的な手がかりであり、これを基にして戦略投票が行われる。すると、報道内容がその選挙制度のナッシュ均衡の一つを表現している場合は、予言の自己実現が成り立ち、世論調査をマスコミが操作したか否かに関らず、報道された結果が実現する。このように風聞・報道内容が結果を左右する現象はアナウンス効果と呼ばれ、バンドワゴン効果とアンダードッグ効果(いわゆる「判官びいき」)の相乗からなるともいわれる。
引用元:戦略投票 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%A6%E7%95%A5%E6%8A%95%E7%A5%A8

バンドワゴン効果(バンドワゴンこうか、英: Bandwagon Effect)とは、ある選択が多数に受け入れられている、流行しているという情報が流れることで、その選択への支持が一層強くなることを指す。「バンドワゴン」とは行列の先頭の楽隊車のこと[1]であり、「バンドワゴンに乗る」とは、時流に乗る・多勢に与する・勝ち馬に乗る[2]、といった意味である。経済学・政治学・社会学などで使われる。対義語は「アンダードッグ効果」(underdog とは「負け犬」のことで、「判官びいき」と解釈される場合もある。)[3]。
引用元:バンドワゴン効果 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AF%E3%82%B4%E3%83%B3%E5%8A%B9%E6%9E%9C
引用元:バンドワゴン効果 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AF%E3%82%B4%E3%83%B3%E5%8A%B9%E6%9E%9C