ポーランドの世界遺産「ザモシチの旧市街」「ヴェリチカ岩塩坑」「トルンの歴史地区」


次のうち、ポーランドの
世界遺産を1つ選びなさい
ヴェリチカ岩塩坑(答)
ザモシチの旧市街(答)
トゥーゲントハット邸 チェコ
リラ修道院 ブルガリア
トルンの歴史地区(答)
リトミシュル城 チェコ
クロンボー城 デンマーク
ボヤナの聖堂 ブルガリア
45%

515plkOdsN
CIMG1794sfjMCzkYakOt
次のうち、ポーランドの
世界遺産を1つ選びなさい
トゥーゲントハット邸 チェコ
ザモシチの旧市街(答)
ヴェリチカ岩塩坑(答)
リトミシュル城 チェコ
シュトルーヴェの測地弧 10カ国
クロンボー城 デンマーク
リラ修道院 ブルガリア
トルンの歴史地区(答)
ボヤナの聖堂 ブルガリア
44%

線結び
次の東ヨーロッパの世界遺産とそれがある国の正しい組み合わせを選びなさい
ヴィエリチカ岩塩坑─── ポーランド
リラ修道院───ブルガリア
シギショアラ歴史地区───ルーマニア
ホルトバージ国立公園───ハンガリー

トルン(Toruń Pl-Toruń.ogg [tɔruɲ][ヘルプ/ファイル]、ドイツ語:Thorn)は、ポーランド中北部ヴィスワ川のほとりに位置する工業都市で、クヤヴィ=ポモージェ県の県議会所在地。1998年までは旧トルン県の県都であった。1997年に旧市街が世界遺産に登録された。トルンは、中世からプロイセン領内にあった都市。
トルンはブィドゴシュチュからヴィスワ川を遡り東南東に40kmほどのところにある。2003年にはブィドゴシュチュ医科大学がトルン大学に統合された。
日本語ではトルンの表記の他、トルニと表記されることも多い。
引用元:トルン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%B3

ヴィエリチカ岩塩坑

クラクフの南東約15kmにある小さな町ヴィエリチカ。この町の地下にある「ヴィエリチカ岩塩坑」は深さ約300m、全長300km以上に及ぶ岩塩鉱山。1978年に世界遺産に登録され、その一部は観光用に公開されています。一番の見どころは天井・壁・床、祭壇などすべて岩塩でできた聖キンガ礼拝堂。塩の結晶で作られたシャンデリアが堂内を染め、その美しさは見事です。現在でもミサや結婚式などに使用されています。
引用元:ヴィエリチカ岩塩坑とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%83%81%E3%82%AB%E5%B2%A9%E5%A1%A9%E5%9D%91-1443050

ザモシチきゅうしがい【ザモシチ旧市街】

1992年に登録されたポーランドの世界遺産(文化遺産)で、首都ワルシャワの南東、ルブリン県ザモシチ州の州都に位置する要塞都市。町の名は、ポーランドの総司令官、ヤン・ザモイスキの名に由来する。ザモイスキが、16世紀後半、イタリアの建築家ベルナンド・モランドに依頼してルネサンス様式を模倣した町を建設し、西欧・北欧とロシアを結ぶ交易路の中心都市として繁栄した。旧市街にはザモイスキ宮殿や中央広場、ビザンチン様式のレデエメル修道院、要塞跡、ザモイスキの墓があるオルデナツカ礼拝堂、聖トマス大聖堂などが残り、人類の歴史上、重要な時代を例証するものとして、世界遺産に登録された。◇英名はOld City of Zamość
引用元:ザモシチ旧市街(ザモシチきゅうしがい)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%B6%E3%83%A2%E3%82%B7%E3%83%81%E6%97%A7%E5%B8%82%E8%A1%97-1496907