マルチン・「べハイム」現存する最古の地球儀を作成

027aqGVhYZ
1492年製という、現存する中で
最古といわれる地球儀を作った
ドイツの地理学者はマルチン・
◯◯◯◯? ◯を答えなさい
ベハイム(答)
「マルチン・べハイム」
47%

並べ替え
現存する最古の地球儀を
制作したドイツの地理学者は?
マルチン・べハイム(答)

マルティン・ベハイム(Martin (von) Behaim、1459年10月6日 – 1507年7月29日)は、ポルトガル王に仕えたドイツ人の天地学者、天文学者、地理学者、探検家である。Martinho da Boémia、Martin Bohemus、Martin Behaim von Schwarzbach とも呼ばれ、ラテン語では Martinus de Boemia と呼ばれた。
>1491年から1493年まで故郷ニュルンベルクに戻っていたとき、画家 Georg Albrecht Glockenthon と共同で地球儀を製作し、Erdapfel(文字通りの意味は「大地のリンゴ」)と名付けた。1475年にローマ教皇シクストゥス4世が思い描いた地球儀に沿ったものだが、子午線と赤道の線を書き加えるという改良がなされている。
引用元:マルティン・ベハイム – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%A0

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説
マルチン・ベハイムの地球儀
マルチン・ベハイムのちきゅうぎ
Martine Behaim’s globe

1492年にドイツのマルチン・ベハイムが作成した,現存する最古の地球儀。直径 50.7cm,経緯線は描かれてないが,赤道,黄道,回帰線,極圏が引かれている。マルコ・ポーロの『東方見聞録』によって伝えられたカタイ (中国) やチパング (日本) が表示され,それらは,プトレマイオスの世界図に記されたところよりさらに東に延長して表わしてある。
引用元:マルチン・ベハイムの地球儀(マルチン・ベハイムのちきゅうぎ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%81%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%81%AE%E5%9C%B0%E7%90%83%E5%84%80-137653