50円玉「銅とニッケル」「4.0g」「直径21mm」「ギザ120」

021TKhQrrj
銅+ニッケル
重さ4.0g
直径21.0mm
菊の花
50円玉(答)
50%

CIMG3024
CIMG3025
現在発行されている100円硬貨の
側面にあるギザギザの数は全部で
103個ですが

現在発行されている50円硬貨の
側面にあるギザギザの数は
全部で◯◯◯個?
◯を答えなさい
120(答)

206QHIfffLmRS
「MIB」と略す、「新品で
箱付」を意味するコレクターの
用語は◯◯◯・イン・ボックス?
◯を答えなさい
ミント(答)
「ミント・イン・ボックス」
Mint in box
引用元:「ミント」イン・ボックス「新品箱付き」 mint「貨幣鋳造」「(鋳造直後のように)真新しい」 http://seethefun.net/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab/12300/


5円硬貨に開けれらている穴の直径はちょうど◯mm?
5(答)

タイピング
50円硬貨に開けられている穴の直径はちょうど◯mm?
4(答)

タイピング
千円札の表の上部に2ヶ所ある「1000」という数字の縦幅はちょうど◯cm?1(答)

タイピング
現在発行されている千円札の横幅はちょうど◯◯cm?
15(答)

タイピング
現在発行されている二千円札に描かれている『源氏物語絵巻』は何という巻のもの?
すずむし(答)
第三十八帖「すずむし」


銅+ニッケル
重さ4.8g
直径22.6mm
桜の花
100円玉(答)

連想
銅+亜鉛+すず
重さ4.5g
直径23.5mm
平等院鳳凰堂
10円玉(答)

連想
銅+亜鉛+ニッケル
重さ7g
直径26.5mm
2000年に新硬貨登場
500円玉(答)

連想
銅と亜鉛の合金
5円硬貨に用いられている
別名は「黄銅」
英語では「ブラス」
真鍮(答)

五十円硬貨(ごじゅうえんこうか)とは、日本国政府発行の貨幣。五十円玉(ごじゅうえんだま)とも呼ばれる。額面50円の硬貨である。
>素材 白銅
品位 銅 75%
ニッケル 25%
量目 4.0g
直径 21.0mm
孔径 4mm
図柄 菊(表面)
発行開始 1967年(昭和42年)
>現在製造発行されている五十円硬貨は白銅製で中央に穴が空いている。表面には「日本国」と「五十円」及び菊の図案が、裏面には「50」と製造年がデザインされている。側面にはギザギザが付いており、そのギザ数は120である。なお、この「表」と「裏」は造幣局での便宜的な呼称であり、明治時代の硬貨とは違って法律上表・裏の規定はない。
>1987年の昭和62年銘のものは通常発行がなく、造幣局が販売した貨幣セット(ミントセット)に含まれているのみであり[1]、発行枚数は77万5000枚である。収集家の間では昭和62年ミントセットとして5000円程度で取引されている。
引用元:五十円硬貨 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E5%8D%81%E5%86%86%E7%A1%AC%E8%B2%A8

貨幣のギザギザは、もともと「金貨や銀貨等貴金属の貨幣の場合に、外縁が削り取られるのを防ぐため」あるいは「当時の最高額面の貨幣であることを示すため」につけられていましたが、現在は一般的には「他の貨種と区別するため」や「偽造防止のため」につけられています。
また、穴(正式には孔)が開いている理由もギザギザと同様、「他の貨種と区別するため」や、「偽造防止対策のため」ですが、その他に「原材料を節約するため」も大きな理由の一つです。
なお、記念硬貨には全てギザギザが入れられています。例えば、昭和天皇在位50年記念自銅貨のギザギザの数は、昭和天皇と皇后の年齢である75+73に50をプラスして198個となっています。

〔参考〕各貨幣のギザギザの数の例 100円白銅貨 103個
50円白銅貨 120個
50円ニッケル貨(無孔) 137個
10円青銅貨(S26~33) 132個
5円黄銅貨(S23~24) 117個
引用元:日本の小額・高額紙幣 http://www.77bank.co.jp/museum/okane/0812.htm