「安田隆夫」ドン.キホーテ創業者 創業会長兼最高顧問に

069iPXEbzM
2015年6月にドンキホーテの代表
取締役を退き、創業会長兼最高
顧問となる実業家は◯◯隆夫?
◯の苗字をひらがなで答えなさい
やすだ(答)
安田隆夫
38%

安田 隆夫[1]
(やすだ たかお、1949年(昭和24年) – )は日本の実業家。総合ディスカウントストアドン・キホーテの創業者、代表取締役会長兼最高経営責任者である。
>岐阜県大垣市出身。岐阜県立大垣南高等学校卒業、1973年に慶應義塾大学法学部卒業後、不動産会社に勤務したが倒産。1978年、東京都杉並区に雑貨店「泥棒市場」をオープン、終夜営業が受けて成功した。1980年に株式会社ジャスト(現:株式会社ドン・キホーテ)、1982年に株式会社リーダーを設立。1989年には第1号店となる「ドン・キホーテ」府中店を開店した。
>2015年2月、6月末で会長兼CEOを退任すると発表[3]。今後は代表権のない創業会長兼最高顧問に就任する予定。
引用元:安田隆夫 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E7%94%B0%E9%9A%86%E5%A4%AB

「安田でございます」──。

いつものようにドスの利いた低い声で話し始めた、ドンキホーテホールディングスの創業者、安田隆夫会長兼CEO(65)。2月5日に開催された経営方針説明会の席上、突然口にしたのが、「引退」の2文字だった。

6月末には大原孝治社長(51)にCEO職を譲り、グループ会社すべての取締役を退く。安田氏は「かねて満65歳までの引退を決めていた。当初計画から1年遅れにはなるが、気力、体力ともに十分なうちに引退することが、ドンキの長期繁栄につながる絶対条件だ」と語った。
>慶応義塾大学を卒業した安田氏は29歳でドンキの前身となる「泥棒市場」を開業。処分品やバッタ品を現金で安く仕入れて売ることで商売を覚えた。東京都府中市にドンキ第1号店を開業した1989年以降、2014年6月期まで25年連続で増収増益を達成。今期も記録更新はほぼ確実だ。今や売上高は6000億円を超えている。

>ルイ・ヴィトンからトイレットペーパーまで、ドンキは4万~5万アイテムを扱う。それらを売りさばくビジネスモデルで安田氏が考え出したのが、「圧縮陳列」「深夜営業」「手書きPOP」だ。標準化した店でモノを整然と並べる大手チェーンストアと異なる手法を徹底。所狭しと品を積み上げる圧縮陳列は一見非効率だが、迷路やジャングルのような導線とともに、買い物客の楽しさが増し、客の滞留時間を長くする。
引用元:ドンキ安田会長が「引退」、その激烈人生 | 週刊東洋経済(ビジネス) | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準 http://toyokeizai.net/articles/-/60806