ザ・「ペニンシュラ」東京 「香港半島酒店」

062FmhdrnL
2007年に開業した、このホテルは
「ザ・◯◯◯◯◯◯東京」?
ペニンシュラ(答)
「ザ・ペニンシュラ東京」
60%

ザ・ペニンシュラ東京(ザ・ペニンシュラとうきょう、英称:The Peninsula Tokyo)は、東京都千代田区有楽町一丁目にあるホテルである。運営は香港&上海ホテルズ。
>2007年(平成19年)9月に開業した。客室数は47のスイートルームを含む314。最も標準的な客室である『デラックスルーム』は54平方メートルの広さであり、最高級の『ペニンシュラ・スイート』は347平方メートルと都内最大級の面積となっている。
引用元:ザ・ペニンシュラ東京 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%83%9A%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%A9%E6%9D%B1%E4%BA%AC

日本屈指のビジネス街として知られる丸の内エリアに位置するザ・ペニンシュラ東京。皇居外苑と日比谷公園に面しており、ショッピングの中心地、銀座までは徒歩圏内と最高のロケーションに位置します。すばらしい眺望、くつろぎの空間、洗練された施設、ダイニングシーンを演出するレストランの数々、そして伝説的とも称されるペニンシュラ・ホスピタリティで最上級のご滞在をお約束いたします。
引用元:日本を代表するホテル | ザ・ペニンシュラ東京 http://tokyo.peninsula.com/ja/default

順序が逆になってしまいましたが、ペニンシュラホテルの名前からご紹介していきましょう。
ペニンシュラホテルは、中国名では「香港半島酒店」と書きます。
これは、ペニンシュラ香港がある九龍半島がその由来だとされています。
広東語での読みは「ヒョンゴンブンドウジャウディム」と、おそらく想像もつかない発音だと思いますので、香港にお越しになられた際には「ペニンシュラホテル」と言った方が通じるのではないでしょうか。

この中国語の名前の「半島」、これを英語に置き換えると「Peninsula」となります。
つまりペニンシュラホテルは、「半島酒店」の直訳なんですね。
それが世界的に名前を知られるようになるとは、創業者の方が考えてたかどうかは分かりませんが、シンプルなのがいいですね(笑)
引用元:名前の由来をご存知ですか!?ペニンシュラホテルのプチトリビア – 海外投資お役立ちガイドブログ わんちゃいくんの勝手に香港投資・観光大使 ~香港の魅力を余すことなくご紹介~ http://www.kaigai-guide.com/blog/2011/09/post-97.html