「コンガマトー」翼竜のようなUMA ザンビアで発見報告

118pYRonlN
ザンビアなどで目撃される
巨大な鳥のような未確認生物
コンガマトー(答)
Kongamato
21%

コンガマトー (Kongamato) は、アフリカで目撃されている未確認動物(UMA)。
>鳥類かあるいはコウモリあるいは翼竜のような外見で、体毛や羽毛は無くくちばしには歯が生えている。体長は1.5〜2.0mほど。北ローデシア(南西アフリカ)で目撃されている。地域によって呼び名が異なり、アイラリ、バジ・クイ、ガゴウラ・ゴウとも呼ばれる。
フランク・メーランド (Frank Melland) は、1923年に、その著書『Witchbound Africa』で、英領北ローデシアのMwinilunga地区にある湿地帯に生息し、小さなボートを襲う大変危険な生物として紹介している。体は赤く、翼長は4から7フィートに及ぶとしている。現地人は、メーランドの所有していた恐竜図鑑の中の翼竜の絵を見て「コンガマトーだ」とおののいたという。
>1956年には、エンジニアのJ.P.F.ブラウンが、現在のザンビアのバングウェウル湖付近でこの生き物を見たと言われている。午後6時頃に、二頭がゆっくりと静かに、頭上をまっすぐ通過したという。彼は、原始時代の生き物のように見えたと言っている。彼によれば、目撃した生き物の翼長は約3から3.5フィート、体長は約4.5フィートだったということである。長細い尾と、犬の鼻のようなとがった頭を持っていたという。
引用元:コンガマトー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%9E%E3%83%88%E3%83%BC

Kongamatos are large pterosaur-like cryptid living in semitropical regions of Africa, particularly in Zambia, the Congo, and Angola.
xYijNrI
引用元:Kongamato – Cryptid Wiki – Wikia http://cryptidz.wikia.com/wiki/Kongamato