「宗谷海峡」樺太と北海道間「間宮海峡」樺太とユーラシア

118LHDfQrL
CIMG3006WeIewNFdFZfu
この樺太と北海道の間の
海峡の日本での呼び名は?
間宗津軽宮
平館海谷峡
宗谷海峡(答)


この樺太とユーラシア大陸の間の海峡の日本での呼び名は?
(画像出題)
間宮海峡(答)

CIMG0011SYLcAbTHHQOs
次のうち、北海道と面している
海を全て選びなさい
日本海(答)
東シナ海
オホーツク海(答)
太平洋(答)

宗谷海峡(そうやかいきょう)は、北海道の宗谷岬と、ロシア連邦が実効支配中である樺太の西能登呂岬(ロシア名:サハリン島・クリリオン岬)との間にある海峡[1]。東西方向の海峡であり、日本海とオホーツク海を結んでいる[1]。海峡幅は最狭部で約42km。
>宗谷海峡は日本名であり、国際水路機関が定める国際的な名称は、ラ・ペルーズ海峡(英語:La Pérouse Strait ロシア語: Пролив Лаперуза ラペルザ)[2]である。1787年に欧州人で初めて当海峡を通過したとされるフランス軍人の探検家であるラ・ペルーズの名がその由来である。海峡を望む宗谷岬の丘の上に顕彰碑が建立されている。
引用元:宗谷海峡 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%97%E8%B0%B7%E6%B5%B7%E5%B3%A1

間宮海峡(まみやかいきょう)は、樺太(サハリン島) とユーラシア大陸(北満州・沿海地方、ハバロフスク地方)との間にある海峡。北はオホーツク海、南は日本海に通じ、長さはおおよそ660km。最狭部の幅は約7.3km[1]、深さは最浅部で約8m。冬の間は凍結し、徒歩で横断することも可能である
>日本においてはこの海峡の名称を間宮海峡としているが、ロシア、アメリカ合衆国、イギリス、中国をはじめとして諸外国ではこの海峡の名称をタタール海峡(ロシア語:Татарский пролив、英語:Strait of Tartary or Tatar Strait、中国語:韃靼海峡)[2]としている。日本でも、タタール海峡、ダッタン海峡と記された地図が存在する。
また、海峡全体の名称をタタール海峡とし、最狭部の名称をネヴェリスコイ海峡とすることがある。「間宮海峡」の名称はタタール海峡と同義に使われることが多いが、最狭部のネヴェリスコイ海峡の意味で使われることもある。
引用元:間宮海峡 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%93%E5%AE%AE%E6%B5%B7%E5%B3%A1