「ナブッコ」・パイプライン 天然ガスパイプライン計画 トルコから欧州へ

156eZpGrgf
カスピ海周辺の資源を、ロシアを
迂回し欧州に輸送するために計画
されているパイプラインは
「◯◯◯◯・パイプライン」?
ブナルダマ
ッスーコチ
ナブッコ(答)
27%

bjvqRVh
引用元:ファイル:2010Nabuccopipelinemap.jpg – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:2010Nabuccopipelinemap.jpg

文字パネル
劇中歌『行け、思いよ、金色の翼に乗って』が有名な19世紀イタリアの作曲家ヴェルディのオペラは?
ナブッコ(答)

ナブッコ・パイプライン(英語: Nabucco pipeline、別名:トルコ・オーストリア・ガス・パイプライン)は、カスピ海地域の天然ガスをトルコを起点としてヨーロッパへ輸送するパイプライン計画。年間310億 m3の天然ガスを、トルコのエルズルムからオーストリアのバウムガルテン・アン・デア・マルヒ (Baumgarten an der March) までのルートで輸送する計画であり、ガスの供給元及びルートからもロシアが外されているが、これは欧州のエネルギー安全保障の観点からロシアのエネルギーへの過度の依存を避けるためであり、ロシアが主導する露ガスプロム社と伊Eni社のサウス・ストリームパイプライン計画のライバルプロジェクトと目されている。一方で、2010年時点で可能性のある供給元として、イラク、アゼルバイジャン、トルクメニスタンの他エジプトなどが候補に挙げられているものの十分な供給量をまかなえず、ガス供給源の確保が大きな課題になっている[1]。
>2013年のパイプライン建設着工、2017年の完成が計画されているが、2011年9月にBPがルートが似通った「南東欧州パイプライン (South East Europe Pipeline) 」を提案するなど[2]、ナブッコ・パイプライン建設が予定通り実現するかは不透明な状況である[3][4]。
>なお「ナブッコ」とはバビロン捕囚などで知られる新バビロニアの王ネブカドネザル2世のイタリア語読み「ナブコドノゾール」(Nabucodonosor)に由来する[21]。
引用元:ナブッコ・パイプライン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%B3%E3%83%BB%E3%83%91%E3%82%A4%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3