ペニン山脈「イギリスの背骨」最高峰はクロスフェル山 アペニン山脈「イタリア半島の山脈」最高峰はコルノ山

020fvCFucHIFC
最高峰はクロスフェル山
高知は放牧、山麓は農耕が盛ん
長さは約250km
グレートブリテン島を南北に走る
ペニン山脈(答)
ピレネー山脈
ウラル山脈
バルカン山脈
アペニン山脈

ペナイン山脈(ペナインさんみゃく、英語: Pennines)、またはペニン山脈、ペンニン山脈は、北イングランドから南スコットランドに掛けて延びる低い山脈である。グレートブリテン島中央部に位置する。北西イングランドとヨークシャー・北東イングランドを隔てている。
しばしば、「イングランドの背骨」と呼ばれ…
引用元: ペナイン山脈 – Wikipedia.
>山はあまり高くなく、しばしばフェル (Fell)という言葉で言い表される。これは古ノルド語で山を指す言葉である。最も高い山は東カンブリアにあるクロス・フェル (Cross Fell) で2,930 フィート (893 m) で、

アペニン山脈(アペニンさんみゃく、イタリア語でAppennini)とは、イタリアに存在する山脈。イタリア半島を縦貫する山脈であり、長さは約1,200km。北・中央・南に区分される。最高峰は中央アペニン山脈にあるコルノ・グランデの標高2,912m。
引用元: アペニン山脈 – Wikipedia.

ピレネー山脈(ピレネーさんみゃく、フランス語:Les Pyrénées、スペイン語:Los Pirineos、オック語:Los Pirenèus、カタルーニャ語:Els Pirineus、バスク語:Pirinioak)は、フランスとスペインの国境が走る褶曲山脈である。ヨーロッパ大陸とイベリア半島を分ける山脈でもある。
引用元: ピレネー山脈 – Wikipedia.

ウラル山脈(ウラルさんみゃく、露: Ура́льские го́ры, Uralskiye gory、英: Ural Mountains)は、ロシアを南北に縦断する山脈。ユーラシア大陸をヨーロッパとアジアに分ける境界線の北側を形成している。
ウラル山脈は石炭紀後期にできた古期造山帯で、現存する山脈でも最も古いものである。
引用元: ウラル山脈 – Wikipedia.

バルカン山脈(バルカンさんみゃく)、あるいはスタラ・プラニナ[1](ブルガリア語・セルビア語:Стара планина / Stara planina、「古い山」の意)は、バルカン半島東部の山脈である。スターラ山脈とも呼ばれる。
引用元: バルカン山脈 – Wikipedia.