かのみちひこ「鹿野道彦」新党みらい・国民の声代表 海部・管・野田内閣で農林水産大臣

023CAwfsAR
自民党等を経て新進党結党に参加
新党みらい、国民の声で代表に
海府内閣で農林水産大臣
菅内閣、野田内閣で農林水産大臣
海江田万里
鹿野道彦(答)かのみちひこ
小沢鋭仁 おざわさきひと
馬淵澄夫
51%


2003年に民主党公認で初当選
管改造内閣で国土交通大臣に
耐震偽装問題の追求で有名に
2011年に民主党代表選に出馬
馬淵澄夫(答)

連想
民主党の衆議院議員
細川内閣で日本新党政策委員長
「鳩山側近3人衆」の1人
鳩山内閣、菅内閣で環境大臣
小沢鋭仁(答)おざわさきひと

鹿野 道彦(かの みちひこ、1942年1月24日 ‐ )は、日本の政治家。民主党顧問。
衆議院議員(11期)、衆議院運輸委員長、農林水産大臣(第14、52・53代)、総務庁長官(第12代)、新党みらい代表、国民の声代表、民政党幹事長、民主党国対委員長等を歴任した。父は衆議院議員を5期務めた鹿野彦吉。
>民主党内では珍しい自由民主党清和会出身。自民党時代は「清和会のプリンス」と呼ばれ40代で入閣するなど将来の総裁候補として期待されていた。離党後も新党みらい・国民の声で代表を務め、新進党・民主党でも党首(代表)候補として度々名前が挙がってきた。
農林水産行政に精通しており、海部・菅・野田の三内閣で農林水産大臣を務めた。また、党内では自民党で総合農政調査会長、民主党では農業再生本部長等を歴任している。農業政策の方針として、アジア地域での食糧輸出・技術連携を重視した「攻めの農業」を掲げ、農業者戸別所得補償制度を基本として農業の持続可能な発展を目指している。一方、アメリカが議論を主導するTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)には懐疑的な立場をとることが多い。なお、農水相通算在任期間は828日に及び、農林省から農林水産省に名称が変更した後では歴代1位の記録である(ただし連続在任1位は田名部匡省で、鹿野より12日多い)。
引用元:鹿野道彦 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B9%BF%E9%87%8E%E9%81%93%E5%BD%A6