あそうたかきち「麻生太賀吉」麻生太郎の父である実業家・政治家

014uPYqoYh
第92代内閣総理大臣・麻生太郎の
父親である政治家・実業家です
麻生太賀吉
あそうたかきち(答)
40%

麻生 太賀吉(あそう たかきち、1911年9月29日 – 1980年12月2日)は日本の実業家、政治家。麻生セメント会長。妻和子は吉田茂元首相の三女。長男麻生太郎は第92代内閣総理大臣、第23代自由民主党総裁、麻生派会長。
>1911年(明治44年)9月29日、九州の炭鉱王麻生太吉の三男・太郎を父に、子爵加納久朗の妹・夏子を母として福岡県飯塚市に生まれる。1929年(昭和4年)旧制福岡中学校(現、福岡県立福岡高等学校)を卒業、昭和4年から昭和7年まで九州帝国大学(現九州大学)法文学部聴講生。1931年(昭和6年)に祖父の経営する麻生商店に入社し、1934年(昭和9年)に社長となる。関連会社である麻生鉱業社長と麻生セメント社長を務め、人権を無視した納屋制度[1]により、莫大な利益を得た。戦後の1951年(昭和26年)には、九州財界の重鎮である九州電力会長に就任している。
ロンドン滞在中、白洲次郎の紹介で、当時駐英大使をしていた吉田茂の三女・和子と知り合い、帰国後結婚。首相となった岳父を補佐するため、1949年(昭和24年)第24回衆議院議員総選挙に郷里の福岡県から立候補し、当選する。以後3期務めた。吉田の側近として吉田の政治資金を捻出したほか、政界と財界の連絡役を務めた。
引用元:麻生太賀吉 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BA%BB%E7%94%9F%E5%A4%AA%E8%B3%80%E5%90%89

刊行当時、取締役社長でありました麻生太郎(現衆議院議員)の「刊行のことば」によれば、 「当社の基盤を生み、当社の成長を大きく包んでくれた”筑豊”全体の歴史をひろく採り入れ、 敢えて言えば筑豊百年史の側面をも浮き彫りにする編集方針を指向した。」とあり、 当社だけの史実として書庫にしまっておくには大変に忍びなく、 ぜひとも筑豊のみなさま、また広くは、世間のみなさまに知っていただければとの思いで ここに連載記事として掲載することとなりました。

ご興味をいただいた方々に、少しでもご覧いただけましたら幸いです。
引用元:麻生百年史 〈麻生グループ〉 https://www.aso-group.jp/history/100years_01_02.html