愛知県の港「西幡豆(にしはず)港」「伊川津(いかわづ)港」「上野間(かみのま)港」「日間賀(ひまか)港」

019gONmTxRPru
西幡豆港
伊川津港
上野間港
日間賀港
宮城県
愛知県(答)
新潟県
高知県

西幡豆(にしはず)漁港
 本漁港は三河湾北岸のほぼ中央に位置し、鳥羽、西幡豆、寺部の3地区からなり、小型底引き網を中心とした沿岸漁業の基地となっています。
 
伊川津(いかわづ)漁港
 本漁港は渥美半島の中央部に位置し、三河湾に面した天然の入り江を利用した船だまりとして、昭和38年頃から浅海養殖、採貝漁業の基地として使用されてきた。

上野間(かみのま)漁港
 本漁港は知多半島中央部の伊勢湾に面する位置にあり、地先海域は遠浅の漁場に恵まれ、採貝藻漁業、浅海養殖業が活発に営まれている。

日間賀(ひまか)漁港
 本漁港は知多半島南端の師崎の東方約2.5キロに浮かぶ離島である。漁港は天然の湾形を利用し、特に久渕、新井浜地区は南東を背にする港で、久渕地区は昭和30年度の第2次計画により、また新井浜地区は昭和34年の伊勢湾台風の災害復旧事業と併せて、昭和35年度から整備を開始し、昭和37年度に完成した。
引用元: 愛知県の漁港の概要 | 愛知県.