「國松孝次」くにまつたかじ 警察庁長官狙撃事件

1400ZVSeKQv
1995年に東京都にある
自宅マンション前で何者かに
狙撃されるも一命を取り留めた
当時の警察庁長官は?
俊土田國村
次保弘松孝
國松孝次(答)
くにまつたかじ
36%

國松 孝次(くにまつ たかじ、1937年6月28日 – )は、日本の元警察官僚、警察庁長官。静岡県浜松市出身。
>警視庁広報課長時代に発生したあさま山荘事件の際には広報担当幕僚として長野県警に派遣され、取材陣の対応にあたった。1994年、中学、高校、大学の先輩にあたる城内康光の後任として警察庁長官に就任。在任中はオウム真理教事件といった難局を迎えた。1995年3月の警察庁長官狙撃事件で何者かに銃撃され、一時危篤状態となったが、回復し2ヶ月半後に復帰した。
オウム真理教事件が起こったことで「日本の安全神話の崩壊」などと報道された時期、体感治安という言葉を口癖のように語り、この言葉が浸透した。
DNA型鑑定を犯罪捜査に導入することに尽力した。
引用元:國松孝次 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%8B%E6%9D%BE%E5%AD%9D%E6%AC%A1

警察庁長官狙撃事件(けいさつちょうちょうかんそげきじけん)は、1995年(平成7年)3月30日に当時日本の國松孝次警察庁長官が何者かに狙撃された事件である。
2010年(平成22年)3月30日に、殺人未遂罪の公訴時効(15年)を迎えた(未解決事件)。
引用元:警察庁長官狙撃事件 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E5%BA%81%E9%95%B7%E5%AE%98%E7%8B%99%E6%92%83%E4%BA%8B%E4%BB%B6