「ぶらさがり」取材

227aFDtIzc
多くの記者が、政治家などを取り囲みながら行う取材を
特に「◯◯◯◯◯取材」という?
◯を答えなさい
ぶらさがり(答)

ぶら下がり取材

会見場やホテルなどを使う通常の記者会見とは異なり、記者が取材対象者を取り囲んで行う取材方式。首相取材では、首相の横を歩きながら録音やメモをしないで行う方式が定着していたが、小泉前首相からカメラの前に立って質問に答える現在の形になっている。安倍首相は原則として1日1回、官邸内でぶら下がり取材を受けている。
(2007-06-08 朝日新聞 朝刊 政治)
引用元:ぶら下がり取材とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%81%B6%E3%82%89%E4%B8%8B%E3%81%8C%E3%82%8A%E5%8F%96%E6%9D%90-881525

ぶら下がり(ぶらさがり)とは、会見場やホテルなどを使う通常の記者会見とは異なり、記者が取材対象者を取り囲んで行う取材形式のこと。ぶら下がり取材(ぶらさがりしゅざい)とも。
>2012年12月に第2次内閣を発足させた安倍晋三首相も、「首脳の発言は重く、国益に対する影響を考えれば、情勢を把握し熟慮したものでなければならない」として、ぶら下がりには原則として応じない方針である。
引用元:ぶら下がり – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%B6%E3%82%89%E4%B8%8B%E3%81%8C%E3%82%8A

ジャーナリストの牧野洋さんは、「ぶら下がり取材」について「独自ネタになりにくい。最初は1人しかぶら下がらなくても、『ひょっとしたら重大なコメントが出てくるかもしれない。万が一に備えてぶら下がっておかないと、特オチになってしまう』との不安から、ほかの記者も一斉にぶら下がりの輪に加わるからだ」(現代ビジネス、2010年07月29日)と指摘し、「ぶら下がり取材」の功罪と記者の心理をこう解説しています。
>このように、公式に設定された記者会見ではないけれども、登退庁時など予定された時間やタイミングに立ち止まって取材に応じることを「ぶらさがり取材に応じる」と表現しますし、これに応じないことを「ぶらさがり取材を拒否する」と言うようになっています。

 時間と場所を選ばない本来の「ぶら下がり取材」の形と言葉の使い方が時代とともに変化しているのです。いまでは、単に記者やレポーターが取材対象を囲い込んで取材する光景として、「囲み取材」「囲い込み取材」という言葉も使われるようになっています。
引用元:ニュースでよく見る「ぶら下がり取材」とは? | THE PAGE(ザ・ページ) https://thepage.jp/detail/20130603-00010001-wordleaf