イタリアの世界遺産「ラヴェンナの初期キリスト教建築物群」「サヴォイア王家の王宮群」「マテーラの洞窟住居と岩窟教会公園」「アグリジェントの遺跡地域」

021QnOOkBQ
次の文字列を組み合わせて
イタリアにある世界遺産の
名前にしなさい
ラヴェンナの───初期キリスト教建築物群
サヴォイア王家の───王宮群
マテーラの───洞窟住居と岩窟教会公園
アグリジェントの───遺跡地域

ラヴェンナの初期キリスト教建築群(ラヴェンナのしょきキリストきょうけんちくぐん)は、イタリアのラヴェンナにあるユネスコの世界遺産登録物件名。登録は1996年。5世紀初頭から6世紀末に建設された初期キリスト教の聖堂・礼拝堂を対象とする。
引用元:ラヴェンナの初期キリスト教建築物群 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%81%AE%E5%88%9D%E6%9C%9F%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E6%95%99%E5%BB%BA%E7%AF%89%E7%89%A9%E7%BE%A4

サヴォイア王家の王宮群は、イタリアのトリノ周辺の世界遺産登録物件名。
>イタリア統一運動の際主力となったサヴォイア家は、統一イタリアの首都をトリノに定め、その周辺に様々な建築を残した。多くの建物は当時の最新技術を駆使したもので、現在でもその威容を誇る。
トリノ市中心部のカステッロ広場に面する王宮とその庭園をはじめ、当時政治を行った建物や王家の居所、狩猟要の建物等市内外に点在する建造物を含む。
引用元:サヴォイア王家の王宮群 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%82%A4%E3%82%A2%E7%8E%8B%E5%AE%B6%E3%81%AE%E7%8E%8B%E5%AE%AE%E7%BE%A4

マテーラの洞窟住居(どうくつじゅうきょ)は、イタリアのバジリカータ州の町マテーラにあるユネスコの世界遺産登録物件。
>サッシ(石・岩を意味するサッソの複数形)は、マテーラにおいて洞窟住居を意味する。マテーラのあるグラヴィナ渓谷は石灰岩の侵食により形成され、渓谷にはこのサッシが何層にも重なって存在している。このサッシがいつ頃から作られたかは不明だが、8世紀から13世紀にかけて、東方からイスラム勢力を逃れた修道僧が住み着き、130以上の洞窟住居を構えていたといわれている。マテーラ周囲からは、旧石器時代の出土品も発見されているため、かなり古くから人々が住んでいたと考えられている。
引用元:マテーラの洞窟住居 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%81%AE%E6%B4%9E%E7%AA%9F%E4%BD%8F%E5%B1%85

神殿の谷(Valle dei Templi)は、シチリア島南部アグリジェントに残る考古遺跡である。マグナ・グラエキアの芸術と建築に関する最高傑作の部類に属する遺跡群で、シチリア島の観光名所というだけでなく、イタリアの国定史跡にもなっている。1997年には、ユネスコの世界遺産リストに登録された。
神殿の発掘や修復の大部分は、考古学者ドメニコ・アントニオ・ロ・ファゾ・ピエトラザンタ(Domenico Antonio Lo Faso Pietrasanta, 1783年-1863年)の尽力によるものである。彼はセラディファルコ(Serradifalco)の公爵(1809年-1812年)だったことがあるため、「セラディファルコ」という名でも知られている。
引用元:神殿の谷 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E6%AE%BF%E3%81%AE%E8%B0%B7