名古屋鉄道「瀬戸線」 大曽根駅 尾張旭駅 大盛・金城学院駅前

016IFamgfHJPu
名古屋鉄道の路線
大曽根駅
尾張旭駅
大盛・金城学院駅前
名古屋本線
津島線
三河線
瀬戸線(答)

瀬戸線(せとせん)は、愛知県名古屋市東区の栄町駅から同県瀬戸市の尾張瀬戸駅までを結ぶ名古屋鉄道(名鉄)の鉄道路線。
>名古屋都心・栄にある栄町駅を起点とし、都心部から東郊を経て瀬戸焼の産地である瀬戸市に達する近距離通勤路線である。大曽根駅 – 尾張瀬戸駅間では、ほぼ瀬戸街道(愛知県道61号名古屋瀬戸線)と矢田川に並行している。
引用元: 名鉄瀬戸線 – Wikipedia.

名古屋本線(なごやほんせん)は、愛知県豊橋市の豊橋駅から岐阜県岐阜市の名鉄岐阜駅までを結ぶ名古屋鉄道(名鉄)の鉄道路線。
>豊橋駅 – 岐阜駅間の各都市を結んでいる。 また、豊橋駅 – 神宮前駅間では国道1号、神宮前駅 – 名鉄岐阜駅間では国道22号にそれぞれほぼ並走している。
引用元: 名鉄名古屋本線 – Wikipedia.

津島線(つしません)は、愛知県清須市の須ヶ口駅から愛知県津島市の津島駅までを結ぶ名古屋鉄道(名鉄)の鉄道路線である。
津島神社の門前町津島市との都市間輸送を担う名古屋西郊の路線である。
引用元: 名鉄津島線 – Wikipedia.

三河線(みかわせん)は、愛知県豊田市の猿投駅から愛知県碧南市の碧南駅までを結ぶ名古屋鉄道(名鉄)の鉄道路線。名古屋本線の知立駅から南北に分岐する支線で、通称として知立駅を境に猿投方面の山地へ向かう北側を山線(やません)もしくは北線(きたせん)、碧南方面の海に近い南側を海線(うみせん)もしくは南線(みなみせん)と呼ぶことがある。名鉄では、名古屋本線に次ぐ路線距離を持つ。
引用元: 名鉄三河線 – Wikipedia.