1885第一次伊藤博文内閣 農商務省「谷干城」逓信省「榎本武揚」文部省「森有礼」大蔵省「松方正義」

280XBwcJPA
次のうち、1885年に発足した
日本初の内閣の閣僚を
1つ選びなさい
横山資紀
岩村通俊
谷干城(答)
伊藤博文(答)
青木周蔵
榎本武揚(答)
陸奥宗光
品川弥二郎

AQajGnt
引用元:81306024000980.jpg (419×335) https://kotobank.jp/image/dictionary/nipponica/media/81306024000980.jpg

伊藤博文内閣
いとうひろぶみないかく

明治時代の伊藤博文を総理大臣として組織された内閣で、第一次から第四次にわたる。
第一次目次を見る
(1885.12.22~1888.4.30 明治18~21)
1885年12月、明治初年以来の太政官制(だじょうかんせい)が廃止され、新しく内閣制度が創設されて成立した最初の内閣である。閣僚の構成は、伊藤首相をはじめとする長州藩出身の閣僚4人と薩摩藩(さつまはん)出身の蔵相松方正義(まつかたまさよし)以下の4人という薩長藩閥政府としての均衡人事のうえに、土佐藩出身の谷干城(たにかんじょう)を農商務相に、旧幕臣の榎本武揚(えのもとたけあき)を逓相(ていしょう)に加えて成立した。
引用元:伊藤博文内閣(いとうひろぶみないかく)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E4%BC%8A%E8%97%A4%E5%8D%9A%E6%96%87%E5%86%85%E9%96%A3-818110