満20歳から「39」歳まで 青年海外協力隊の募集年齢

351fJwVOip
海外ボランティア派遣制度
青年海外協力隊の募集年齢は
満20歳から◯◯歳まで?
◯を答えなさい
39(答)

青年海外協力隊(せいねんかいがいきょうりょくたい、英: Japan Overseas Cooperation Volunteers, JOCV)とは、日本国政府が行う政府開発援助 (ODA:Official Development Assistance) の一環として、外務省所管の独立行政法人国際協力機構 (JICA) が実施する海外ボランティア派遣制度である。青年海外協力隊の募集年齢は20~39歳。募集分野には農林水産、人的資源、保険・医療などがあり、さらに120以上もの職種に分かれている。2013年7月末現在までに88ヶ国、計38,300名の隊員が派遣されている[1]。
>活動内容[編集]
派遣国からの要請に基づき活動を行う。アフリカでの井戸掘りといったイメージを持たれることが多いが、実際の活動内容は派遣国・職種により大きく異なる。[3] 例えば、コミュニティ開発[4]であれば地方の村落を回っての生活改善や産業育成の支援、教師やPCインストラクターなら指導法の教育や実際の授業、家畜飼育であれば農家への飼育方法の教授、といったことを行う[5]。
>派遣国[編集]
2013年7月末現在の派遣国は71ヶ国、これまでの累計では計88ヶ国となる。高中所得国であるメキシコから、最貧国の一つであるバングラデシュまで、派遣国は多岐に渡る。地域別ではアジア・アフリカがそれぞれ派遣者総数の約3割を占め、ついで中南米が2割、中東・オセアニアが各1割弱である。ヨーロッパ(旧東側諸国やトルコ)への派遣も行っていたが、全体に占める割合は僅かである。国別では、マラウイが計1,599人で最も多く、次いでフィリピン、ケニア、タンザニアと続いている。[1]
また、同じ国であっても開発が遅れた地方の農村や都会のスラムから、逆に発展した首都の官公庁や大学まで、派遣先は隊員ごとに大きく異なる。
引用元:青年海外協力隊 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E5%B9%B4%E6%B5%B7%E5%A4%96%E5%8D%94%E5%8A%9B%E9%9A%8A

満20歳から満39歳(2016年5月9日時点)の日本国籍を持つ方
(以下の方は応募できません)
※派遣中のJICAボランティア
※禁固刑以上の刑に処せられその執行を終えるまで又は執行を受けることがなくなるまでの者
※成年被後見人、被保佐人又は、被補助人
※暴力団員その他の反社会的勢力に属する者
(以下の方は応募前に必ず青年海外協力隊事務局までご相談ください)
※二重国籍の方
※裁判が係属中の方
※破産手続き中の方
※2016年8月以降も有効な査証等、本邦以外の滞在資格をお持ちの方
募集期間
2016年4月1日(金)~2016年5月9日(月)〔消印有効〕
※海外居住者の応募は5月12日(木)必着
引用元:募集要項 | JICAボランティア http://www.jica.go.jp/volunteer/application/seinen/require/index.html