国連加盟年代2000年代「東ティモール」「スイス」「モンテネグロ」1990年代「ナミビア」「クロアチア」「パラオ」 初代国際連盟事務総長「ジェームズ・ドラモンド」初代国連事務総長「トリグブ・リー」

457musdpyrhlex
次のうち、21世紀になってから
国際連合に加盟した国を
全て選びなさい
スロベニア
東ティモール(答)
モンテネグロ(答)
スイス(答)
39%

072ApFxdlF
次の国連加盟国を
加盟した年代ごとに
グループ分けしなさい

1990年代2000年代
東ティモール
スイス
ナミビア
クロアチア
パラオ
モンテネグロ

CIMG3939
CIMG3940
国際連合の初代事務総長は
トリグブ・リーですが

国際連盟の初代事務総長を
務めた人物はジェームズ・
◯◯◯◯◯? ◯を答えなさい
ドラモンド(答)

国連加盟国加盟年順序
cGBNSov
引用元:国連加盟国加盟年順序 | 国連広報センター http://www.unic.or.jp/info/un/un_organization/member_nations/chronologicalorder/

国際連合加盟国(こくさいれんごうかめいこく)は、2016年1月現在193か国である。原則として国際連合に加盟できるのは主権を持った国家だけである。国際連合憲章第2章第4条[1]によると、「国際連合加盟国となることの承認は、安全保障理事会の勧告に基いて総会の決定によって行われる。」と定められている。
国際連合安全保障理事会と国際連合総会の承認が得られなければ加盟できないため、主権を持っている国であっても国際的に認知がなされていなかったり、特定の加盟国からの反対があると加盟できない。
>中国の代表権[編集]
詳細は「アルバニア決議」を参照
中国の代表であった中華民国は、1945年国際連合の設立当初からの加盟国であった。しかし国共内戦により、中国国民党率いる中華民国政府は台湾に逃れ、中国大陸(本土)の大部分を制圧した中国共産党が1949年10月1日中華人民共和国の建国を宣言した。この両政府間の紛争(台湾問題)の中、中国大陸の広大な地域を実効支配する中華人民共和国側は国際連合における中国の代表権の獲得を図ったが、中華民国が国際連合の代表権と安全保障理事会常任理事国の座を維持し続けた。1971年10月25日、国際連合総会で中華人民共和国を中国の唯一の正統な政府とし、「蒋介石の代表(中華民国)」を追放するとした2758号決議が採択された。これにより中華民国が国連と国連機関から脱退し、代わりに中華人民共和国が安全保障理事会の常任理事国をも含む代表権を獲得した。
>1990年代以降、中華民国(台湾)が「中国」としてではなく、人口2300万人のFlag of World Taiwanese Congress.svg「台湾」として国際連合へ加盟しようとさまざまな提案が試みられているが、いずれも委員会を通過するまでには至っていない。現在、22の加盟国とローマ教皇庁(バチカン市国)が中華民国との外交関係を維持している。
引用元:国際連合加盟国 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E9%80%A3%E5%90%88%E5%8A%A0%E7%9B%9F%E5%9B%BD