「天保山」てんぽうざん 安治川浚渫工事の土の山

062gAsDamK
1831年に安治川の河口を浚渫
した際に出た土砂で作られた
大阪市の人口山は◯◯山?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
てんぽう(答)
「天保山」

スロット
北海道や九州北部に見られる石炭の採掘時に発生した捨石が積み上がってできた山を「◯◯山」という?
ボタ(答)
「ボタ山」

天保山(てんぽうざん)は、大阪市港区の天保山公園にある人工的に土を積み上げて作って造られた山(築山)[1]。
>標高4.53mの築山。国土地理院発行の地形図に山名と共に掲載されており、山頂には二等三角点がある[1]。大阪市ホームページ内[2]では日本一低い山と記載があり、天保山山岳会でも日本一低い山[3][4]としている。2014年4月9日、国土地理院による調査により標高3mの山、 日和山 (仙台市) の認定により、2番目に低い山となった。
>標高4.53mの築山。国土地理院発行の地形図に山名と共に掲載されており、山頂には二等三角点がある[1]。大阪市ホームページ内[2]では日本一低い山と記載があり、天保山山岳会でも日本一低い山[3][4]としている。2014年4月9日、国土地理院による調査により標高3mの山、 日和山 (仙台市) の認定により、2番目に低い山となった。
引用元:天保山 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E4%BF%9D%E5%B1%B1

ボタ山(ボタやま)とは石炭や亜炭の採掘に伴い発生する捨石(ボタ)の集積場である。ぼた山と平仮名表記をすることもある。漢字では硬山と書く。ズリ山の一種で、主に石炭産業が栄えた北海道、常磐、九州北部等で見ることができる。過去の産業遺産ともいえる。
>鉱山で採掘された鉱石のうち、資源として使えず廃棄する岩石などの部分を捨石、俗称でズリという。このズリは特定の場所に集められて捨てられるが、長年にわたり捨て続けているうちにズリは積み上げられてゆき、やがて山ができてくる。こうしてできた山をズリ山という。
九州の炭坑では、このズリはボタと呼ばれ、ズリ山はボタ山と呼ばれた。したがって、ボタ山という言葉は、ズリ山のうち九州の炭鉱において発生したものに対して用いる言葉である。
引用元:ボタ山 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%82%BF%E5%B1%B1