NIRA「全国産業復興法」 AAA「農業調整法」 TVA「テネシー川流域開発公社」 CCC「民間資源保存公社」 「フェアディール政策」トルーマン

043JbmRktc
フランクリン・ルーズベルトの
ニューディール政策で中心と
中心となった法律
「全国産業復興法」の略称は?
NAPA
AONA
NIRA(答)
YURI
「National Industrial Recovery Act」

問題文の語句「中心」が重複していますね。

CIMG6492
CIMG6493
歴代アメリカ大統領で
ニューディール政策を行った
人物はフランクリン・
ルーズベルトですが、

フェアディール政策を
おこった人物は?
トルーマン(答)
ジョンソン
ケネディ
フランクリン・ルーズベルト

CIMG4702ARECmmcgrYEC
CIMG4703hJeFvpTLGnOp
フランクリン・ルーズベルトの
ニューディール政策で設立された
テネシー川流域開発公社の
略称はTVAですが
Tennessee Valley Authority (TVA)

新たに立法した農業調整法の
略称は?
TPAW
CESV
AAA(答)
Agricultural Adjustment Act (AAA)

民間資源保存公社の略称は?
CCC(答)
Civilian Conservation Corps (CCC)

公共事業局の略称は?
PWA(答)
Public Works Administration (PWA)

民間事業局の略称は?
CWA(答)
Civil Works Administration (CWA)


1992年に設立されたCMLLと並ぶメキシコの「2大プロレス団体」の1つといえば?
AAA(答)
Asistencia Asesoría y Administración
「トリプレア」

全国産業復興法(ぜんこくさんぎょうふっこうほう、英:National Industrial Recovery Act, NIRA)は、アメリカ大統領であったフランクリン・ルーズベルトが実施したニューディール政策の中の最重要法律である。1933年制定。
引用元:全国産業復興法 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%A8%E5%9B%BD%E7%94%A3%E6%A5%AD%E5%BE%A9%E8%88%88%E6%B3%95

ニラ【NIRA】

全国産業復興法National Industrial Recovery Actの略称。アメリカ合衆国のニューディール政策の一環として,1933年6月に制定。初期ニューディールの支柱ともいうべき総合的産業政策で,景気回復を促進するため,産業部門ごとに公正競争規約という一種のカルテル的協定の締結を認めて,アンチ・トラスト法の適用から除外する一方,労働者の団結権・団体交渉権ならびに最低労働条件を規定して購買力の増強を図り,さらに広範かつ強大な権限を有する全国復興局National Recovery Administration(NRA)を設置して産業界に対する国家統制を強化した。
引用元:NIRA(ニラ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/NIRA-593467#E7.99.BE.E7.A7.91.E4.BA.8B.E5.85.B8.E3.83.9E.E3.82.A4.E3.83.9A.E3.83.87.E3.82.A3.E3.82.A2

ニューディール政策(ニューディールせいさく、New Deal)は、アメリカ合衆国大統領フランクリン・ルーズベルトが世界恐慌を克服するために行った一連の経済政策である。
>ルーズベルトは大統領就任前のラジオでの選挙演説で「大統領に就任したら、1年以内に恐慌前の物価水準に戻す」と宣言した[3]。ルーズベルトは1933年3月4日に大統領に就任すると、翌日には日曜日にもかかわらず「対敵通商法」に基づき国内の全銀行を休業させ、ラジオ演説で1週間以内に全ての銀行の経営実態を調査させ預金の安全を保障することを約束し、銀行の取り付け騒ぎは収束の方向に向かった。ルーズベルトは1933年に大統領に就任後、ただちに大胆な金融緩和を行ったため信用収縮が止まっている[4]。
ルーズベルトは、次に述べる100日間の直後にグラス・スティーガル法を制定して、この約束を果たした(連邦預金保険公社の設立と銀証分離[5])。
更に議会に働きかけて矢継ぎ早に景気回復や雇用確保の新政策を審議させ、最初の100日間でこれらを制定させた[6]。

TVAの公共事業に従事する労働者
緊急銀行救済法
TVA(テネシー川流域開発公社)などによる右写真のような公共事業
CCC(民間資源保存局)による大規模雇用
NIRA(全国産業復興法)による労働時間の短縮や超越論的賃金の確保
AAA(農業調整法)による生産量の調整
ワグナー法「全国労働関係法」による労働者の権利拡大
引用元:ニューディール政策 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E6%94%BF%E7%AD%96

フェアディール【Fair Deal】

アメリカのトルーマン大統領の国内政策の総称。この言葉は,彼が絶対に劣勢といわれた選挙に勝利した直後の1949年1月の年頭教書の中で用いられ,のちしだいに一般化したが,彼自身は1945年9月の立法計画案に始まるとしている。それは〈ニューディールの延長であり,大衆の経済的機会の拡大である〉と説明され,さまざまな進歩的な政策を提示したが,実現しないものが多かった。その中には完全雇用の実現(理念としては1946年雇用法に織りこまれた),人種差別撤廃のための公民権委員会設置,国民健康保険制度の実施,労働組合を抑制するタフト=ハートリー法の廃止などがある。
引用元:フェアディール(フェアディール)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A2%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB-123049