早速整爾 初代大蔵政務次官後、その後大蔵大臣を務めた政治家

050ejMaTMNXHB
1924年には初代大蔵政務次官を、
1926年には大蔵大臣を務めた政治家
早速整爾
はやみせいじ

早速 整爾(はやみ せいじ、明治元年10月2日(1868年11月15日) – 大正15年(1926年)9月13日)は、明治、大正期の日本の実業家、政治家。初代大蔵政務次官、元農林大臣及び大蔵大臣。
>中山家の二男として生まれ苦学して、旧制広島中学を経て1887年東京専門学校政治経済英学科(現・早稲田大学)を卒業。前年、秀才で通りながら遊び過ぎて卒業試験に失敗した事から「爾(なんじ)を整(ととの)へよ」と自省し整爾と改名し、中山整爾となった。
>1889年芸備日日新聞社主の早速勝三の養子となり、早速整爾に名を改め、同年、社長兼主筆として新聞を経営、優秀な頭脳と速筆で活躍。
>翌1925年、加藤内閣の農林大臣、更に翌1926年若槻内閣で農林大臣、次いで大蔵大臣となり得意の財政経済に腕を振るう事を期待されたが、間もなく病にかかり入院、3ヶ月後世を去った。満57歳没。死に関する一説には平将門の首塚の祟りではとする物も存在する。
引用元: 早速整爾 – Wikipedia.

早見 青児(はやみ せいじ)
声 – 森功至
早見家の長男で東日新聞の記者。バイク走行中に、ハニーの最初の変身であるハリケーンハニーへの変身の場面に出くわし、それが元で世界的な秘密結社・パンサークローの存在を知り、当初はスクープ狙いで話を聞こうとして、激昂したハニーの涙ながらの抗議に軽率な自身の行為を猛省した。その後、ハニーが如月博士そっくりのロボットの口から遺言を聞く現場に立会い、彼女と共にパンサークローの陰謀を阻止する戦いに身を投じる決意を固めた。
引用元: キューティーハニー – Wikipedia.