「タマニー」デラウェア族 「ジェロニモ」アパッチ族 「ハイアワサ」モホーク族

117jDZVCRT
次の歴史上の人物と
その人物が属していた
ネイティブアメリカンの部族の
正しい組み合わせを選びなさい
タマニー───デラウェア族
ジェロニモ───アパッチ族
ハイアワサ───モホーク族

140qehiXRAEuZ
このアメリカインディアンの
移動式住居を何という?
ティーピー
ティピー
ティピ
tipi
tepee
teepee
引用元:「ティーピー」インディアンの移動式住居 「ゲル」モンゴル遊牧民 「イグルー」エスキモー | わかればいいのに I wish I knew http://seethefun.net/%e7%a4%be%e4%bc%9a/2857/

1492年にヨーロッパ系白人が現在の北米地域に到達する以前に、現地に居住していた民族を総称していう。この集団のアイデンティティ形成には、地域文脈、居住地域における同胞民族の存在、ネイティブアメリカン特別保留地との距離等の要素が関連する。2013年現在、連邦政府が認める部族集団は566、州政府レベルではさらに70の集団が存在するといわれる[1]。
>全米最大のインディアン権利団体「AIM(アメリカインディアン運動)」は「ネイティブ・アメリカン」の呼称を、「アメリカ合衆国の囚人としての先住民を示す政治用語である」と批判表明している。
日本では「インディアン」と「ネイティブ・アメリカン」を同義語のように扱う風潮が強いが、この用法は不正確であり、問題が多い。以下に例を挙げる。
往々にして見られる例として、「ティピーは、ネイティブ・アメリカン特有の住居である」というような使われ方があるが、これは文章として成り立たない。なぜなら、「ティピー」は「インディアン」、それも「平原地方の部族」特有の住居であって、「ハワイ先住民」や「エスキモー」の文化には「ティピー」など存在しないからである。
引用元:ネイティブ・アメリカン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%82%A4%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%96%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%B3

タマニー・ホール(Tammany Hall)とは1790年代から1960年代にかけてに存在したアメリカ民主党の派閥、関連機関。慈善団体タマニー協会(Tammany Society、Society of St. Tammany、Sons of St. Tammany、Columbian Orderとも)を前身とし、19世紀初頭にはニューヨーク市議会における民主共和党勢力の中心として台頭するが、本部機能を有するホールが東14丁目に完成した1830年頃から民主党に合流。以後、当時拡大の一途を辿っていた移民居住地区を票田としながら、同市政を牛耳るマシーンにまで成長を遂げる。1854年のフェルナンド・ウッドから1932年のジョン・P・オブライエンに至るまで市長を輩出したほか、1928年には幹部でニューヨーク州知事のアル・スミスが民主党の大統領候補に選出され殷賑を極めた。
>タマニー・ホールの前身たるタマニー協会は、1772年にフィラデルフィアで結成された関連諸団体の一地方支部として、1789年5月12日、マンハッタンで家具職を営んでいたウィリアム・ムーニー[1]を初代会長に据えニューヨークにて設立[2]。タマニーの語源は植民地時代のデラウェアに居住していたアメリカ先住民レナペ族の首領タマネンド(セント・タマニー)に由来するものであるが、独立戦争時には独立を志向する愛国派グループの名に用いられて以来一般にも広まった[3]。こうした事情から協会は先住民族の語や習慣までをも取り入れており、とりわけ本部のあるホールは「ウィグワム」(樹皮・獣皮などを張った先住民族の小屋の意)と呼ばれたほか、代表者は「サチェム」(アメリカ先住民族の首領の意)と称した。
引用元:タマニー・ホール – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB

ジェロニモ(Geronimo、本名:Goyathlay、1829年6月16日 – 1909年2月17日)はアメリカインディアン、アパッチ族のシャーマン、対白人抵抗戦である「アパッチ戦争」に身を投じた戦士。なお、部族の酋長と誤解されている例も多いが、実は酋長ではなく部族の「指導者」でもない。
メキシコ軍に家族が虐殺されたのを機に、アパッチ族の戦士たちとともに対白人のゲリラ戦に従事した。ちなみに戦士集団だったアパッチ族には「酋長に戦士が服従する」という義務も風習もない。戦士は結束はしてもすべて個人行動で動くものであって、戦士たちはジェロニモ個人を慕って抵抗戦をともにしたのである。ジェロニモが軍事的な指導をしたこともない。
引用元:ジェロニモ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%AD%E3%83%8B%E3%83%A2

ハイアワサ(Hiawatha、または Ayenwatha、Ha-yo-went’-ha)は、16世紀のモホーク族インディアンの男性戦士、調停者。
>デガナウィダとともにカユーガ族(英語版)、モホーク族、オナイダ族(英語版)、オノンダーガ族、セネカ族(英語版)の5つの部族をまとめ上げ、「イロコイ連邦」を成立させた英雄である。指導者、首長ではない。
16世紀中葉、五大湖の南側ではカユーガ族、モホーク族、オナイダ族、オノンダーガ族、セネカ族の5部族が交戦状態にあった。1550年に五大湖の北側のワイアンドット族(英語版)(ヒューロン族)に生まれたデガナウィダは成人してから、この戦いをやめさせ和平を説く旅に出た。
引用元:ハイアワサ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%AF%E3%82%B5